地方出身のオンナに、「ワーママ」という選択肢はない

第6試合<出身地>B美の場合 「実家頼みの子育てなんて、しょせんママゴト」。地方出身者同士で結婚したら、子育てしつつ働き続けるという選択肢はなかった。これでよかったとは思っているけれど……。話題のエッセイ、鈴木涼美『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』から特別連載。cakesで掲載中の、橘玲さんとの対談「専業主婦と働くオンナ、どっちがしあわせ?」にも注目!

地方出身でも大学時代は困らなかったが……

 新潟というのは考えてみると結構微妙な距離で、確かに北海道とか鹿児島とかに比べれば 「あ、じゃあそんなに遠いわけじゃないね」と言われるのがわからないでもないが、では北海道や鹿児島に比べて有利なことが何かあるか、というと、今の彼女にはほとんど思いつかない。

「確かに、実家帰るときの交通費は、博多出身の友達よりは安い。でもお金ない時代は親がそれくらいは出してくれたし、本当にそれくらい。いっそ一日一便も船がないような離島にでも実家があれば、もう少しは同情してもらえるんだろうかね

 新潟県内から慶應大に入って、授業もゼミもサークルもそこそこ真面目にそこそこ不真面目に、要するにごく一般的な大学生活を楽しみ、短期の語学留学までして、2年生の時までは近所のアジアンカフェで、2年の途中からはアパレルショップでバイトして、その間、時々キャバクラの体験入店荒らしのようなこともした。

 都内のそこそこ広い一人暮らしの部屋は、未だ実家暮らしや寮生活の子も多い中で、終電を逃した友人たちが泊まることも多かったし、ホームパーティーというほど立派なものでなくとも家飲み会場として人気の溜まり場となった。高校時代の友人とも疎遠になってしまったわけではなかった。県内屈指の進学校の友人たちは結構都内の大学に通っていたし、一番の親友は同じ区内にやはり一人暮らしをしていた。地元に帰れば家から自転車で行ける距離に中学時代の親友もいて、「東京の友達とは別の意味で良い世界」が広がっていた。

 就職したのは割引券付きの雑誌や就職情報誌などを発行する大手企業で、若手社員の忙しさや過酷な営業研修などが噂されるような会社だったが、入ってみればそれなりに自分の時間も持てたし、何より、かなりお給料が良かった。
 多忙であることはそれなりにいいことだ。ブラック企業で疲弊しているか、多忙ながらも充実した仕事人として活躍しているかは、大いに給料の額によって決まる。残業代なども含めれば、週に何回かリラクゼーションサロンでマッサージや岩盤浴に行き、疲れた時はタクシーで通勤しても差し支えのない収入だった。

「スパのマッサージにはまっちゃって、一時期毎日うちの雑誌とかサイトで新しいところ探しては予約して、しかも120分とか、そのせいで帰宅は遅いわ金欠になるわだったけど、まぁ贅沢な話だよね。でも新入社員は地獄見るよーとか、営業成果ないなら社に帰ってくるなって言われるらしいよーとか、内定してた時はいろんな人に脅されたし、学生時代は超夜型だったから社会人を全うできるかって不安だったけど、意外とちょろい。ちょろいって言ったらあれだけど、それなりに楽しかった

 彼女のいた会社の新入社員が忙しいのは事実なのだろうが、彼女は追い詰められることも、破綻することも、心を疲弊させることもなく、それなりに手を抜きつつ充実して仕事をしていた。会社にいたのは2年半、その間、一度も体調を崩したり疲れを溜めすぎたりして欠勤したことはないらしい。

「私、結構就職決まるの遅くて、一応一個だけ内定は持ってたけど、そこはそんなに行きたくなくて。ゼネコンで大手だったけど、現場監督とかやらされるのかなとか、そもそも男臭そうな職場だな、と思ってたから、もう一個内定が取れた時、かなり嬉しくて、しかも補欠みたいな受かり方したから、わーいって喜んでたんだよね。結構楽しそうな職種だし、入ったら入ったでトントン拍子に希望の部署に配属決まって、よっしゃーやるぞってなって、だから仕事したくなくなって結婚したわけじゃないんだよね

本音は言えないママ友が生命線

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女の本音、15本勝負。30人それぞれの、しあわせのあり方とは!

この連載について

初回を読む
A子とB美、どっちが幸せ?

鈴木涼美

自分が選んだ道なのに、いつも他人がしあわせに見えるのはなぜ? 恋愛、結婚、キャリア、子作り、不倫……。同じ土俵にA子とB美を並べてみれば、それぞれの思惑と事情と価値観が、浮き彫りになって見えてくる。女たちのリアルな本音対決、あなたはど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

11apMoAu2IaGmqD わかりみしかない。うちは夫の収入がたいしたことないので共働き辞めるという選択はなしだったけど 7ヶ月前 replyretweetfavorite

d01tsumath_sub うーん、ただの無いものねだりにしか見えなくて、ただただ気持ち悪かった…… 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ArleStudy >自由にシフトが入れられて、いざとなったら代わってもらえるような仕事 そういう仕事のほうが非現実的だよなぁ https://t.co/w4N6KRvcY1 7ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha 戦略不足と勝手に自分で選択肢を潰しているだけ。あと専業主婦のイクメン叩きの源泉はこれ。 7ヶ月前 replyretweetfavorite