“草食系”の1億円プレイヤーが口を出さずにスタッフを操縦する方法

これからの時代、ビジネスで成功するのにカリスマや強烈なリーダーシップは必要ない。むしろ新世代の1億円プレイヤーは“草食系”なのだ。では、彼・彼女たちはどうやってスタッフに接しているのか? 『年収1億円を稼ぐ人の頑張らない成功法則』から、あなたも今日から実践できる「脱・がむしゃらな稼ぎ方」を特別連載で大公開。★毎週水・土更新★

新世代1億円プレーヤーは草食系

旧世代1億円プレーヤーは、カリスマ性や強烈なリーダーシップを持っており、トップダウン型の経営者が多い。

もちろん、これはこれで成功しやすいタイプではあるが、彼らの会社は社長がいなければ回らない組織であることも少なくなく、次のリーダーが育ちにくいという欠点を抱える。

なぜなら、従業員はトップの言うことを聞いていれば良いため、自分で考え自分で判断する機会を奪われてしまうからだ。

一方、新世代1億円プレーヤーは草食系の傾向があり、組織をグイグイ引っ張るようなタイプは多くない。むしろチームの能力を引き出し、彼らが自発的に考え動くように仕向けて業績を伸ばしている。

「ウチの社長は頼りないから、自分たちがしっかりしなければ」

「社長の顔にドロを塗るわけにはいかない」

「みんなで会社を守ろう」

そのように部下が言ってくれるような関係をつくっている人もいる。

部下の自発性に委ねる分だけ、新世代1億円プレーヤーは常に現場を気にし、「気にかけているよ」「信頼しているよ」というメッセージを欠かさない

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【億万長者になりたいあなたへ】新世代のお金持ちがやっている「頑張らない」稼ぎ方

この連載について

初回を読む
年収1億円を稼ぐ人の頑張らない成功法則

午堂登紀雄

【億万長者になりたいあなたへ】「頑張れば認めてもらえる」「死ぬ気で働けば成功する」。そんな時代は終わった。旧世代のようにがむしゃらに働いてもお金持ちにはなれない。新世代は頑張らずに年収1億円を稼いでいる。旧世代vs新世代。世代間の対立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません