新世代の1億円プレーヤーが“がむしゃらに働く”前に考えること

これからの時代、労働時間の長さを自慢しても意味はない。むしろ新世代の1億円プレイヤーは一見、のんびりしているように見える。だが、頭の中はフル回転しているのだ。では、どんなことを考えているのか?『年収1億円を稼ぐ人の頑張らない成功法則』から、あなたも今日から実践できる「脱・がむしゃらな稼ぎ方」を特別連載で大公開。★毎週水・土更新★

がむしゃらに働く前に頭脳を回転させる

旧世代1億円プレーヤーは、自分がどれだけ多忙であるかを周囲に自慢する傾向がある。

たとえば、「昨日は徹夜した」「あちこち出張した」「こんなに打ち合わせが多かった」などだ。

一方、新世代1億円プレーヤーは逆に、労働時間の短さを自慢する

たとえば「一日でこれだけしか働いていない」「寝ていても稼げている」「打ち合わせはZOOM(オンライン会議アプリ)で十数分だけ」など……。

これは良い悪いの問題ではなく、世代間による労働観の違いなのかもしれない。

旧世代は人一倍努力して成功した世代ゆえに、「労働は美徳」という価値観がある

一方、新世代はがむしゃらに働くことを良しとせず(もちろん必要なときはやる)、むしろいかに効率的に稼ぐかを意識している

ただしこれは「怠ける」とは根本的に異なり、見た目はのんびりでも彼らの頭脳はフル回転している

では何を考えているかというと、「どうすればこのビジネスを仕組み化できるか」についてだ。これは、ビジネスを「インカムゲイン」に導くということでもある。 どういうことか。

投資にキャピタルゲイン(売却益)とインカムゲイン(運用益)があるように、ビジネスモデルにもキャピタルゲイン・タイプとインカムゲイン・タイプがある

キャピタルゲイン・タイプはいわゆる狩猟型で、1回あたりの売上は大きいものの、常に新規の顧客を開拓し続けなければならないという宿命を背負っている。

典型的なのが、たとえば人材紹介や不動産販売だ。人材紹介は転職者の年収の30%くらいの紹介手数料がもらえるので、仮に年収1000万円の人材の転職を成功させれば300万円の報酬がもらえる。

不動産販売(仲介)も同様で、5000万円のマンションを売れば3%の仲介手数料、つまり150万円の報酬が得られる。

人材紹介は設備投資も資金も不要だし、不動産販売も仲介ならば、ほぼ資金ゼロでできる。

しかし考えればわかるとおり、取引が1回1回で完結するので、すぐに次の顧客を探さなければならず、それが半永久的に続く。そのため、いわゆる狩猟型で売上も不安定になりがちだ。

さらに景気に左右されやすいという特徴も持っている。不景気で真っ先に落ち込むのはこうした業態だ。

一方のインカムゲイン・タイプはいわゆる農耕型で、1回あたりの売上は小さくても、月単位あるいは年単位で継続的にお金が落ちるモデルだ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【億万長者になりたいあなたへ】新世代のお金持ちがやっている「頑張らない」稼ぎ方

この連載について

初回を読む
年収1億円を稼ぐ人の頑張らない成功法則

午堂登紀雄

【億万長者になりたいあなたへ】「頑張れば認めてもらえる」「死ぬ気で働けば成功する」。そんな時代は終わった。旧世代のようにがむしゃらに働いてもお金持ちにはなれない。新世代は頑張らずに年収1億円を稼いでいる。旧世代vs新世代。世代間の対立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません