わかる日本書紀

王であれど、無礼があれば殺します。by百済【第15代①】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第2巻から、日本の正史を学ぶ連載。

応神天皇の誕生と即位

ホムタ※1(誉田天皇=第十五代応神※おうじん天皇)は、仲哀(ちゅうあい)天皇の第四子で、母は神功(じんぐう)皇后です。
ホムタは、神功皇后が新羅を討った年(仲哀九年)の十二月、筑紫(つくし)の蚊田(かだ)※2で生まれました。幼いころから聡明で、物事を深く見通す心を持ち、立ち居振る舞いに聖帝の兆しがありました。

神功皇后摂政三年に、皇太子となりました。
ホムタは、皇太后の胎内にいるとき、天神地祇(あまつかみくにつかみ)から三韓を授けられました。
生まれたときから、腕の上に筋肉が盛り上がっていて、その形は、皇太后が武装して雄々しく戦ったときに腕に着けていた(とも)※3のようでした。古代、鞆をホムタと言ったので、御名をホムタというのです。

六十九年四月、皇太后が亡くなりました。
翌年正月一日、皇太子は即位して、応神天皇となりました。
応神二年三月三日、ナカツヒメ(仲姫)を皇后にしました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません