私が欲しいのは子供ではなく、「弟子」なのかもしれない

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリーとして生きるきのコさんは、自分は本当に子供が欲しいのか、欲しくないのか、答えを出しきれないでいるなか、1冊の本に出会います。その本を読んで考えたことについて綴っていただきました。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

私は子供が欲しいのか、それとも欲しくないのか…答えを出しきれないまま揺らぐ日々のなかで、私は友人からある本を紹介されました。

タイトルは、『誰も教えてくれなかった子どものいない女性の生き方』。

今回は、この本を読んで考えたことをお伝えしたいと思います。

これはまさに私自身のことだ…

『誰も教えてくれなかった子どものいない女性の生き方』には、子供のいない人生の受け入れ方とその後の人生を自分らしく生きる方法や、パートナーとの関係性について、30~60代の女性たちの声が詳しく紹介されています。何に気持ちを向けていくのか、どこを見て歩いていけばいいのか、そんなヒントがたくさん詰まった1冊。

著者のくどうみやこさんは、「すべての女性が生きやすい社会」をめざして子供のいない女性を応援する「マダネ プロジェクト」の代表を務めています。

この本のなかで、特に私の心に刺さったのが、「子供が好きではない」「子供が欲しいと思えない」という女性たちの悩みに触れた部分でした。

多様な生き方を尊重すべきとの声が聞かれる一方で、世間ではまだ子どもを産み育てることが賞賛されているように感じます。だからこそ、子どもを持たない選択をした人は自ら主張することなく、生きづらさを抱えながら過ごしているのでしょう。さらに「子どもが好き=いい人、やさしい人」「子どもが苦手=冷たい人」とのイメージがあり、子どもが好きではないから欲しくないと言えば、人間性まで否定されかねません。子どもが欲しいと思うのが普通で、欲しくない人は勝手にレッテルを貼られてしまうため、余計に声にしづらい。(pp.79-80)

周りはみんな子どもが欲しいと思っているのに、自分はそうは思えないのは変なのかと悩まれるかたが意外に多いことを知りました。欲しくない人は、欲しい人に比べると少数派になってしまうので、周りに同じ考えの人がいないと孤独感を感じるとおっしゃるかたも多いです。(pp.83-84)

この辺りの記述は、まさに私自身のことだ…と思いました。

前回の記事で、さらりと「自分は子供好きというわけではない」と書きましたが、実は私にとってこのことは結構なカミングアウトです。下手したらポリアモリーであることより言いづらいかもしれません。

ポリアモリーを「あの人もこの人も好き!」と言うとなんとなくポジティブな感じもするのですが、「子供が好きではない」と言ったところで「そうなんだ!素敵だね!」という反応が返ってくる気はしません(肯定されたいというわけではありませんが…)。子供が好きとか嫌いとかって、食べ物や音楽の好き嫌いとはわけが違う、何か“人間性に関わる好み”のような重たいイメージがあります。

それに、「子供が欲しくてたまらないのに授からない人もいるのだから、『子供が欲しいと思えない』という私の悩みは大したことじゃない。悩んでるなんて言っていいレベルじゃない」と、自分の悩みを自分で矮小化してしまっていたように思います。だからこそ「自分だけじゃない」ということを知って、慰められる思いがしました。

妹に子供が産まれて

けれど、そんな私に最近、とある心境の変化が訪れました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sabochin 世の女の人たちってそんなに多くの人が子供を欲しいと思ってるんだな…未来は明るいじゃん 2ヶ月前 replyretweetfavorite