1億稼ぐ人が外出するときに「長財布」の代わりに必ず持っていくモノ

あなたは「大金を稼ぐ人はみんな長財布を持っている」というイメージを抱いていないだろうか? 残念ながらそのイメージはもう古い。新世代の1億円プレイヤーが「長財布」の代わりに持っていくのは、あなたも持っている“アレ”だ。 『1億円を稼ぐ人の頑張らない成功法則』から、あなたも今日から実践できる「脱・がむしゃらな稼ぎ方」を特別連載で大公開。★毎週水・土更新★

「小脇に抱えたルイ・ヴィトンのセカンドバッグ」はバブル時代の遺物

以前、「稼ぐ人は長財布を持っている」という話が話題になったことがある。しかしそれは、旧世代1億円プレーヤーの話だ。

その時代感覚をわかりやすく表現すると、昔のお金持ちが小脇に抱えている「ルイ・ヴィトンのセカンドバッグ」だろうか。バブル経済の時代を知っている人ならば、なんとなくイメージできるのではないだろうか。

そこに長財布やら現金数百万円やらが入っていて、彼らはそれを手に商談に行ったりしていた。

一方、新世代1億円プレーヤーは、財布そのものを持ち歩かなくなりつつある。この傾向は彼らの合理的な考え方に合致する。

それは何かというと、「モノを持たない」「ライフスタイルをシンプルにする」ことであり、彼らが持ち歩くのは、極論するとスマホ1台だ。

クレジットカードは言うに及ばず、電子マネーカードやQRコード決済もスマホで完結する。もはや物理的に現金を持ち歩く必然性がない。カード決済ならポイント還元が受けられるうえ、ATMに並んで現金を引き出す手間もない。

そんな彼らはこうも言う。

「今どきカードが使えない店なんて、終わってる」「カードが使えない店は、そもそも選択肢に入らない」

私の周囲でも、財布を持たずスマホ1台で生活している起業家は増えており、「外出は手ぶらが基本」になりつつある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【億万長者になりたいあなたへ】新世代のお金持ちがやっている「頑張らない」稼ぎ方

この連載について

初回を読む
年収1億円を稼ぐ人の頑張らない成功法則

午堂登紀雄

【億万長者になりたいあなたへ】「頑張れば認めてもらえる」「死ぬ気で働けば成功する」。そんな時代は終わった。旧世代のようにがむしゃらに働いてもお金持ちにはなれない。新世代は頑張らずに年収1億円を稼いでいる。旧世代vs新世代。世代間の対立...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません