リモートワークで家にいる日は、鍋ひとつで充実のスロー・クック。

今日は、3/12に発売した新刊『3000日以上、毎日スープを作り続けた有賀さんのがんばらないのにおいしいスープ』から定番のポトフをお届けします。必要最小限の材料で、簡単に作れ、グッとおいしくなる有賀さんのポトフ。ぜひお試しください。

覚えれば家ごはんがぐっと充実の、定番ポトフ!

学校が休みになったり、会食が減って、家での食事の回数が増えた、という人も多いのではないでしょうか。今日のレシピはみなさんおなじみの、ポトフです。仕込んでしまえば、他のことをしながらのんびり作れるスープですから、リモートワークの合間に料理するにもぴったりです。

塩をした鶏肉をベースに、あっさりと、でもうまみのじんわり感じられるスープをめざします。コンソメキューブやソーセージなどの加工肉を使わず、肉と野菜から出るうまみだけで作ったスープは、やさしくてほっとする味わいです。

春になると、ボールのように丸く、葉のやわらかい春キャベツが出回ります。ビタミンカラーのにんじんと合わせて、いろどりも春らしい、軽やかなポトフを作りましょう。


チキンとにんじん、キャベツのポトフ

材料(2人分) 所要時間50分

鶏もも肉 1枚(約350g)
にんじん 中1本
キャベツの葉 3枚ぐらい
塩 小さじ1と1/2
胡椒 少々
(好みで)マスタード
水 1200mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sabochin 例のごとく有賀薫さんのレシピで作ってるんだけれど(ありがたい…)味付けが最初に鶏に塩を揉み込んだだけなのにスープが美味しくて最高なんだよな 6ヶ月前 replyretweetfavorite

nukusuke 有賀薫さん @kaorun6 のポトフ、昨夜作って残りはランチに鶏塩ラーメン。ワカメと白ゴマトッピング。鶏ホロホロ、スープの旨みたっぷりで満足。 https://t.co/oFleH86KSq https://t.co/pyEnbNjnyw 7ヶ月前 replyretweetfavorite

yukipuppu 昨晩は有賀さんのポトフ。美味しかった〜!!前日にお肉を塩漬けしておくのがポイント。ほんと塩と胡椒だけ、ベイリーフもその他ハーブもなしで絶品スープでした。 https://t.co/GlmFwNDr3z 7ヶ月前 replyretweetfavorite

lilily55 今日もテレワーク。@kaorun6 さんのポトフを煮込みながら。セドリックカサノヴァのバジルちらして食べよう。しかし、牡蠣のコンフィも食べなきゃいけないし。お昼はどっちにすべきかもう気が気じゃない。ほんとは仕事どころじゃない。https://t.co/U3dOyhkW5F 7ヶ月前 replyretweetfavorite