フェル先生のさわやか人生相談

友人が、夫から暴力をふるわれています【375回】

三寒四温といいますが、冬と春が交互に訪れるような日が続いていますね。今回フェル先生がお答えするのは、十年来の友人が夫からDVを受けている、という女性からのご相談です。友人を本気で心配しているように見える相談者さんですが、フェル先生の見立ては違うようで……?

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

つらい思いをするのを、黙って見ていられません。

友人のことで、フェル先生のお知恵をお借りしたいことがあります。友人は、夫からDVを受けています。

彼女はいま、私の居住地からは遠いところに住んでいます。一年ほど前に結婚し、夫の生家がある県へと引っ越していきました。学生時代を共に過ごした彼女とは、もう十年以上の付き合いで、移住してからも年に数回は会っています。

彼女がそれを報告してきたのは、昨年秋の、深夜でした。いつもより遅い時間のLINEに、通話ボタンを押す前から、よくない話だとわかりました。彼女はその日、夫から殴られたと言いました。

ほんとうに些細な口喧嘩から雰囲気が悪くなり、夫は徹底的に無視をはじめたそうです。その空気に耐えられなかった彼女は、彼の機嫌を直そうと話しかけたり、寄り添ったりしてみたそうです。しかし、全て避けられる。いいかげんイラついてきた彼女は、無視を続ける夫の手をとって、無理やりつなごうとしたそうです。すると、腕を何度も何度も、拳で殴ってきたと。

それを聞いて私は、何かあったときに証拠になるからと、写真を送ってもらいました。彼女の細かった腕は青黒く腫れ、本来とは違う流線型を描いていました。その後も経過をしつこく聞き、治るまで写真を送ってもらいました。大きな紫色が、徐々に傷んだ桃の色になり、もとの色白の細い腕に戻るまで、20日ほどかかりました。

その日以降、彼女は夫の機嫌が悪いときにはむやみに近寄らないようにして、以降半年、殴られることはないようです。

これを、たったの一回と思われるでしょうか? 友人も、「自分が悪かったから」「私がしつこくしなければ大丈夫だから」「機嫌が悪くないときは本当にいい人だから」と言います。しかし私は、世の中には一度も暴力を振るわない人間は確実にいるし、一度でも暴力を振るった人間は、もう、暴力を振るう種類の人間だと思うんです。

彼女はこれからは気をつけると言うけれど、「殴られるかもしれない」と思いながら、地雷を避けるようにビクビク過ごす人生を、わざわざ選ぶ必要があるでしょうか?

友人は電話口でいつも泣いています。どれだけ友人が彼を愛しているか知らないけれど、私だって彼女に友情を抱いています。友人がつらい思いをするのを黙って見ていられません。別れるべきだと思う、とはっきり言ったこともあります。

しかし彼女は別れを選択することなく半年が過ぎ、そのあいだ暴力はなくとも、無視されることは頻繁にあるようです。今日は、このあいだは無視で済んだけれど、いつまた暴力を振るわれるか。打ちどころが悪くて大怪我しないか、私は心配でなりません。

本人の意思が離婚に向いていない以上、私がいくら促しても無駄だということはわかっています。他人の私が離婚を強制するのも違うと思います。そんなのは、彼女に暴力をふるった夫と同じ、彼女を尊重しない態度です。暴力的コミュニケーションだと思います。

けれど私は、彼女にそんなところにいないで、もっと別の、もっと穏やかなところにいてほしいです。どうすれば、彼女はそういった場所に目を向けてくれるんでしょう。わかりません。フェル先生だったら、彼女になんと言葉をかけますか? 何をしますか?

(35歳、女性、会社員)

A.今回は10年来のお友達が、ご主人からのDV被害を受けているという女性からのご相談です。被害を受けているのはご相談者本人ではなく、そのお友達です。人の心配をする前に、ご自身はどうなんですか? 結婚はされているんですか……え? まだしてない? それなら他人の家庭の問題に首を突っ込んでいないで、ご自身の婚活について相談してきなさいよ……とか思ってしまうんですが、まあせっかくご質問頂いたので回答申し上げます。

今回は一問一答形式でのお返事です。

友人のことで、フェル先生のお知恵をお借りしたいことがあります。
はいはいなんでしょう。

友人は、夫からDVを受けています。
あれまあ暴力はイカンですね。

彼女はいま、私の居住地からは遠いところに住んでいます。一年ほど前に結婚し、夫の生家がある県へと引っ越していきました。
10年来の仲の良いご友人が結婚して遠くに引っ越してしまったのですね。それはお寂しいですね。

学生時代を共に過ごした彼女とは、もう十年以上の付き合いで、移住してからも年に数回は会っています。
本当に仲が良いんですね。

彼女がそれを報告してきたのは、昨年秋の、深夜でした。
LINEモバイルですか。本田翼ちゃんって可愛いですね。

いつもより遅い時間のLINEに、通話ボタンを押す前から、よくない話だとわかりました。
すごい。予知能力があるんですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eating_lips この人の回答ほんとうに嫌い。どこがさわやかだよ 3ヶ月前 replyretweetfavorite

EA5xnP0qlDFKkLu セクシズムに溢れた、考えうる限りの最低な回答、、 3ヶ月前 replyretweetfavorite

tennis223 自分の人生は自分のものだからね そして友人の人生も友人のもの 根本的にね 3ヶ月前 replyretweetfavorite

mmk34arkw DVって命に関わる事だと思うんだけど。どこか相談先を教えるぐらい…ダメ?私が偏ってるのかな。 https://t.co/4diZWFbx6s 3ヶ月前 replyretweetfavorite