ワークマン 常勝の方程式

低価格でプロ向け品質。原価率65%で利益を出す秘訣

新業態「ワークマンプラス」が大ブレークしたワークマン。集客の鍵を握るのはPB(プライベートブランド)商品だ。低価格でも利益を出すワークマンの商品戦略の秘訣を追った。

 「今までは作業服店だったので、ワークマンプラスは『もっと皆さんが着られる商品があるんですよ』と伝えるためのものだった。まさかこんなに当たるとは……」

 こう振り返るのは作業服大手、ワークマンの小濱英之社長である。

 アパレル業界で苦戦を強いられる企業が多い中、ワークマンの新業態「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」が大ブレーク中だ。ワークマンプラスの1号店は、2018年9月にららぽーと立川立飛(東京都立川市)にオープン。開店初日からレジに行列ができ、商品を買いたい客は立川にある既存の「ワークマン」店舗に流れたほどだ。



ワークマンプラスの店内。Photo by R.S.

 「職人の店」をうたうワークマンと異なり、ワークマンプラスは「高機能と低価格のアウトドア・スポーツ・レインウエアの専門店」と銘打った業態だ。プロ向け仕様の高機能・高コストパフォーマンスを売りにしたPB商品を、一般の人でも入りやすいような店舗で買えるようにした。

妊婦や子育て中の女性にヒットした滑りにくい厨房用シューズ。Photo by R.S.

 「ランニングを始めたいときに、スポーツブランドで服を買いそろえるのは高くて手が出ない。本格的に始める前に、気軽に買いそろえられる価格帯がワークマンのPB。『初めはワークマンでいいかな』と思わせることが狙い」と、ワークマン商品部チーフデザインオフィサーの北村武士さんは語る。

 ワークマンの強みは、プロが購入するような高品質の商品を低価格で提供することだ。安さを実現するためには秘訣がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年7/13号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-07-08

この連載について

初回を読む
ワークマン 常勝の方程式

週刊ダイヤモンド

国内店舗数が846店(2019年9月末時点)と“ユニクロ超え”を果たし、25年には1000店の目標を掲げるワークマン。作業服市場では断トツのシェアを誇り、高機能で高品質な商品作りにまい進してきた。そこで築いたビジネス手法をアパレルに持...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード