将棋は最高のコミニュケーションツール

プロ棋士の遠山雄亮さんに、「将棋のルールは知っているけれど、どう指したらいいかわからない」というひとに向けて、将棋のエッセンスを教えていただくこの連載。いよいよ最終回となる今回は、「詰み」に持ち込むまでの手順を詳しく解説していきます。記事末では将棋を楽しむためのツールも紹介しています。

前回、将棋にはイケメンの形があるという解説をしましたが、「この形ではこの手を使うとうまくいく!」という手がよく出てきます。そうした部分的な形において駒をうまく使うテクニックを「手筋」といいます。そして「詰み」に特化した「詰将棋」の問題集があるように、「手筋」に特化した問題集もあります。

私のオススメは、『将棋・ひと目の手筋』(渡辺明 監修/週刊将棋 編)です。

「手筋」は中盤と終盤で現れます。中盤であれば「駒得」と「成る」ために、終盤であれば「相手の守りを薄くする」や「相手の攻めから玉を守る」ために使います(「詰み」は詰将棋なので除く)。
「手筋」は実力アップに重要で、詰将棋と合わせてぜひ勉強に取り入れてほしいです。
そしてインプットした「手筋」を覚えて、実戦でアウトプットしましょう!

なお、ちょうど先月に棒銀戦法と三間飛車戦法も含む「手筋」の問題集『将棋・ひと目の歩の手筋 ~将棋上達の入り口~』を発売しましたので、そちらもお手に取っていただければ幸いです。


終盤は相手の守りを薄くする手を考える

さて前回までの図を再掲します。
三間飛車で棒銀戦法を退治し、飛車を「成る」ことに成功しました。
ここから、いかに相手の玉を「詰み」にもっていくか、解説します。

【図1】

相手はこのままだと竜に飛車を取られてしまうので、△8一飛と飛車を逃げますが、こちらは▲7二竜と追いかけます。

【図2】

再び飛車取りです。かつ、玉と同じラインに竜を持ってきました。
攻める時は玉と同じラインに竜を持ってくると、いろいろな「手筋」が生まれます。

相手は△8四飛と逃げます。

【図3】

いよいよ終盤です。相手玉を「詰み」に追い込むために、「相手の守りを薄くする」手を考えたいところです。

「相手の守りを薄くする」ためには、「金を作る」のが大切と以前解説しました(第4回参照)。
この場合だと、▲7四歩と打って次に▲7三歩成とすれば歩を金にして攻めることができます。

なおここでは「手筋」として、▲5三銀という手も覚えておいてほしいので、銀を使う手を先に解説します。

【図3−1】

一見すると金で取られそうですが、5二の金が動けばこちらは竜で相手の玉を取って勝ちです。よって相手は銀を取れません。
もし次に▲5二銀成△同金▲同竜と進むと、銀を取られたかわりに金を2枚取って「駒得」になるうえ、「相手の守りを薄くする」ことにも成功します。
これも一つの「手筋」です。竜(飛)と相手の玉を同じラインに置くと、こういう手が生まれるのです。

金を作って攻めていく

さて戻って、今回は▲7四歩と「金を作る」手で進めていきましょう。

【図4】

相手は歩を成る手を受けられないので、持ち駒の角で△8八角と攻めてきます。
香を取られるのは避けられないので、▲7三歩成とします。

【図5】

△9九角成で香を取られて「駒損」しますが、気にせずにいきましょう。
終盤では「詰み」にいかに早く持ち込むかが最も重要です。
こちらは玉が美濃囲いにおさまっていて、竜と、とで「相手の守りを薄くする」態勢も整っています。現状、形勢をかなり有利に進めていると言えます。

せっかく「金を作った」ので相手の金や銀と交換しましょう。
▲6三とがいいでしょう。

【図6】

これを相手が△同金と取ってきたら、竜で相手の玉を取ることができます。
先ほどから何度か出てきた手口ですね。
相手はもちろん金は動かさず、別の手を指してくるでしょう。そこで▲5二と、と金を取ると、△同金▲同竜となり、なんと歩1枚で金を2枚取ることができます!
相手はそれをされたら嫌なので、△5一香と受けてきました。

【図7】

▲5二と、と取って△同香、

【図8】

歩で金を取って、「駒得」したうえに、「相手の守りを薄くする」ことにも成功しました。

さて引き続きどう攻めるか。竜で香を取ると、相手に金で取られて失敗です。
短気は損気です。
先ほど出てきた「手筋」を使ってみましょう。

▲5三銀としました。

【図9】

これを△同香と取ると、もうおわかりですね、竜で相手玉を取ることができます。
さすがにしつこいと思われたかもしれません。でもこうして繰り返し同じ「手筋」を解説することで、皆さんの頭にしっかり入ったかと思います。
しつこいくらいに「手筋」をインプットして、実戦でアウトプットすることが上達の近道です。

一気に「詰み」に追い込む!

さてもう相手には受けがなくなったので、△8九馬と桂を取ってきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
大人の教養としての将棋入門

遠山雄亮

テレビ・ネット中継なども盛んに行われ、広く人々の知的好奇心を刺激する頭脳ゲーム、将棋。先読みや判断力が求められる将棋は、思考力を鍛える抜群のトレーニングにもなります。この連載では、「将棋のルールは知っているけれど、どう指したらいいかわ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません