棒銀退治ができれば初心者卒業

プロ棋士の遠山雄亮さんに、「将棋のルールは知っているけれど、どう指したらいいかわからない」というひとに向けて、将棋のエッセンスを教えていただくこの連載。第7回目は、三間飛車戦法で棒銀戦法と対峙したときの指し方を詳しく解説します。

カッコいい男性のことをイケメンと言いますが、将棋にもイケメンがいます。

たとえば前回登場した美濃囲い、

将棋の中でもかなりのイケメンです。でも似たような格好でも、

これはイケメンとは言えません。4九の銀に連結している駒がないので、仮に△8九飛のように攻められると次に4九の銀を取られてしまうからです。
この点、美濃囲いは全ての金銀が連結しています。そういう形は大体いい形でイケメンです。

人を見かけだけで判断してはいけませんが、将棋の場合は見かけで判断することが大切です。イケメンの形を知っておくと、目指す形が分かるので手を選ぶ判断材料になるからです。
私もせめて雰囲気だけでもイケメンになりたいものです。

さてここから、三間飛車で棒銀戦法を打ち破る指し方を解説します。
将棋は「詰み」まで同じ手で進むことはないので、覚えても役に立たないのでは? なんて思う方もいらっしゃるでしょう。確かに将棋の実戦は常に応用問題です。相手が違えば指し手も変わってきます。
なので手を覚えるのではなく、イケメンな形とそのロジックに意識を置いて読み進めてください。

それではこちらが三間飛車で先手、相手が棒銀戦法で後手の場合を見ていきましょう。

序盤は攻めの形と囲いを作っていく

初手から、▲7六歩△8四歩。

【図1】

まだ双方の角が取れる状態ではなく、相手の飛車の前の歩も1つ進んだだけ。
そこで飛車を動かしましょう。

【図2】

ビュンと飛車を動かして気分がいいですね!
相手が△8五歩ときました。

【図3】

相手の飛車の前の歩が2つ進んだら要注意

前回の話を思い出してください。相手の飛車の前の歩が2つ進んだら、

【図4】

角を動かしましょう(▲7七角)。

相手が角の道を開けてきました(△3四歩)。

【図5】

次も大切なところです。角を交換されないように、

【図6】

▲6六歩と、角の道を止めて安心です。

相手は棒銀戦法できます。こちらも銀を角の横に持っていきましょう。
(△7二銀▲6八銀△8三銀▲6七銀△8四銀)

【図7】

相手の銀がこれ以上前進しても、右なら歩で、左なら角で取れます。
よって相手の攻めはまだこないので、玉を囲います。
(▲4八玉△7四歩▲3八玉)

【図8】

ここから先は、「すぐに相手が攻めてきた場合」と、「相手も囲いをつくってきた場合」の2パターンで考えていきましょう。

まずはすぐに相手が攻めてきた場合の指し方を解説します。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
大人の教養としての将棋入門

遠山雄亮

テレビ・ネット中継なども盛んに行われ、広く人々の知的好奇心を刺激する頭脳ゲーム、将棋。先読みや判断力が求められる将棋は、思考力を鍛える抜群のトレーニングにもなります。この連載では、「将棋のルールは知っているけれど、どう指したらいいかわ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません