もし妊娠したら、必ず産みたい

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリー当事者のきのコさんは、取材を受けるたびに「子供はどうするんですか?」と聞かれるのだそうです。今回は、子供を産むこと・育てることについて、きのコさんの想いを綴っていただきました。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。 ポリアモリー当事者によく向けられる批判、「子供がかわいそう」。取材を受けていても、「子供はどうするんですか?」と、毎回のように尋ねられます。 そこで今回は、ポリアモリーとして生きる私の、子供を産むこと・育てることに対する想いについて、お伝えしたいと思います。

もし妊娠したら必ず産みたい

私の子どもは『可哀想』?」でも書きましたが、今のところは、「積極的に子供をつくるつもりはないので避妊をしているが、もし妊娠したら必ず産みたい。その時は、パートナー達や友人達も含めた“子育てチーム”をつくって皆で育てたい」というのが私の考えです。ただし、子供が産まれても、誰かと法的に結婚するつもりはありません。現状の日本の婚姻制度は、私自身の生き方には合っていない…と思っています。 今はこういった子供観を持っている私ですが、20代の頃から今まで、自身の出産や育児に対する考え方は大きく変遷してきました。

学生時代は、いつかは子供を産んでみたい!と強く思っていた私。一方で、「産んではみたいけれど、育てられる自信はあまりない」という不安もありました。

1人で育てられるかは分からない、でも産んでみたい。それなら、子育てができそうな人と結婚して、一緒に暮らしつつ助け合って育児をするのがいちばん便利に違いない。…つまり私の場合、あくまでも結婚は”子育てのための手段”で、恋愛のゴールとしての結婚というイメージは最初から薄かったのです。万全の準備を整えてから結婚して子供をつくるために、まずは社会人としてしっかり稼いでおかないと!と考えていました。

ところが海外に留学した時に、当時の恋人からデートレイプを受けて妊娠。私は、学問を修めるためには、今はまだ産めない…と人工妊娠中絶を選択しました。その代わりというわけでもないのですが、この経験をきっかけに中絶問題について深く考えるようになった私は、専攻する学問を生命倫理学に変更しました。そして中絶や脳死臓器移植をテーマに論文をまとめ、大学院を修了したのです。

就職後、社会人3年目の時に結婚。その頃は、「29歳までには出産したい」と考えていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kurimatu044 きのコさんのこの記事、アアァ゛てなってでも、不安でいていいんだな、とも思える。 https://t.co/dV55HGswsZ 9ヶ月前 replyretweetfavorite

kinoko1027 デートレイプ、中絶、妊活の失敗、離婚。 ポリアモリーとして生きる私の、出産や育児に対する考え方の変遷について書きました。 #ポリアモリー 9ヶ月前 replyretweetfavorite