​新型コロナウィルス問題で自粛ムードだからこそ考えてほしいこと

前々回に続き、今回も新型コロナウィルス関連の話です。今回の自粛ムードに、かなりの危機感を抱いている林伸次さん。林さんが、今だからこそ考えてほしいと思っていることとはいったいなんでしょうか?

潰れてしまった老舗の八百屋さん

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

渋谷に大きいドンキホーテがあるのはご存じですか? あそこはかつて「渋谷系発祥の地」と言われるレコードショップ・HMVがあったビルでして、何かと渋谷を象徴するビルなんですね。

そのドンキホーテが移転してきたとき、地下に生鮮食料品売場ができたんですね。野菜や果物やお肉が売られていたんです。ドンキホーテってたぶん、周りの店舗の商品の金額をチェックして、それよりも安い金額を提示して「地域最安値」って札をつけて売っているんですね。

例えばライムですが、普通は1個160円~180円くらいで売っているのですが、ドンキホーテは140円くらいだったんです。僕、ドンキホーテのすぐ近所の老舗の八百屋さんで買うべきところを、「少しだけ安い」という理由で、ついついドンキホーテで買ってしまっていたんです。

そしたら、その老舗の八百屋さん、潰れてしまいました。「そうか、仕方ないな」と思っていたのですが、先日、ドンキホーテが地下の生鮮食料品売場を閉めてしまったんです。たぶん、渋谷でやるには採算が合わなかったのでしょう。でも、渋谷の飲食店側としては、老舗の八百屋さんが潰れてしまっているしすごく困ってしまいます。「え? だったらあの老舗の八百屋さん、返してよ」って気持ちなんです。

これは資本主義社会だから仕方ないといえばそうですが、老舗の八百屋さんを応援して、買い支えなかった僕たちも悪いですよね。お店っていつもなくなった後で、「しまった」って思うんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nebusoku_eleven 個人事業主を潰すってこういう事なんですよ。 新型コロナウィルス問題で自粛ムードだからこそ考えてほしいこと| 7ヶ月前 replyretweetfavorite

sumihei ラジオ内で紹介されてる記事はこちら https://t.co/mC55mLVKQ6 7ヶ月前 replyretweetfavorite

Sleepi_ness どんな街であってほしいか、私がお金をかける事で田舎の未来にほんの少し、しかし確実に繋がっている気がする 凄く刺さった… →​「あなたがお金を使う」ってことは、あなたが「こうなって欲しい」と思う街の「投票行為」です https://t.co/lcypoLDSge 8ヶ月前 replyretweetfavorite

natuki_celest 新型コロナウィルス問題で自粛ムードだからこそ考えてほしいこと|林伸次 @bar_bossa | 8ヶ月前 replyretweetfavorite