新型コロナをめぐる各国の「伝え方」を見ていて思うこと。

新型コロナウイルスをめぐり、各国の政府がさまざまな発表をしています。マレーシア在住の野本響子さんが、各国のコミュニケーションの見比べながら「伝える力」の重要性について考えます。

今回のウイルス騒動で興味深いのは、同じことが、ほぼ全世界で起きていること。東南アジアから見ていると、国によってコミュニケーションの形がさまざまなことに驚きます。

今、日本でもいろんな議論が巻き起こってます。
「クルーズ船のことにしても、学校を休みにする理由についても、情報が伝わってこなくて、よくわからない」という意見を聞きました。

海外にいるので全部見ているわけじゃないですが、「わかりにくい」「理解しにくい」のかな、という気がします。


短い・シンプルなコミュニケーション

前回の記事で、海外で必要なコミュニケーションは、

・シンプル
・相手を選ばない
・感情的にならない
・短い時間ですむ
・わかりやすい

ことだと書きました。

ただ、これが唯一の正解とは思いません。世の中のたいていのことに正解はないので。けれど、だいたい、こんな感じで私は捉えてる印象です。

厚生労働省の説明を全部読んだのですが、長くて難しいと感じました。

実はこれ、以前も書いたけど、日本企業が海外に進出するときの大きな罠なんです。

日本企業のリリースは長すぎてわかりにくいことがある。
そのままマレーシア人に翻訳して出してもダメなんです。

見ていると、台湾もマレーシアもシンガポールも、政府の発表はシンプルです。

マレーシアは3月1日時点では、29人の感染が誰から誰に広まったかがまだ追跡できるレベルでした。新しい患者が誰からの繋がりで感染したか、すぐにわかるような発表がされています。例えば、「日本で感染した患者24と濃厚接触したため看護師が感染」「どこの病院に入院しているか」などがわかります。これなら、文字を読むことが苦手な人でも1発で理解できます。


マレーシアでの進捗状況のアップデート。新しい患者が左側の4人で、それぞれの国籍と年齢、外国への滞在履歴または、すでに発表されてる患者との関係性が書いてあります。右は男女比、国籍別です。


患者の関連を表した図。誰がどのような関連で感染したかがわかるようになっています。

マレーシアは今まさかの政権交代が起きてますが、政情不安な中でも毎日更新中。感染者は増えてきて(日本から来た感染者もいます)今後はマレーシアもどうなるかわかりません。

ただ、日本でシンプルなコミュニケーションをすると、細かいことが気になる人も多いので、難しい面はあるかもしれないですね。


ときには丁寧なコミュニケーションが人の気持ちを鎮めることもある
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Lave_chamo このところのコロナ騒動見てると人口のほとんどが不安神経症かと思っちゃうね 8ヶ月前 replyretweetfavorite

MmKameyo 日本政府やマスコミもこれを習って https://t.co/Q2qvZfVGw8 #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite

Chuck_euoni この記事ね。ぜひ一読を。 https://t.co/YdYdspYVYo 8ヶ月前 replyretweetfavorite

kumaguma8 シンガポール首相スピーチの日本語訳に感動。そして感謝→ 8ヶ月前 replyretweetfavorite