第5回 春

待望の入部希望者と喜んだのもつかの間、その子は入部どころか、登校拒否中!? ・・・・・・でも、待ってるだけじゃいけない!未来のとった行動とは?
大ヒットボーカロイド小説『桜ノ雨』シリーズの第2弾『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』の一部を紹介します。シリーズ最新刊『Fire◎Flower』も発売中!


 古い校舎の廊下で、わたしは黒板消しの掃除をしていた。
 壊れ気味のクリーナーがガーガーと唸る中、音楽室から「あ~あ~」とため息交じりの声が聞こえ、わたしはドアの隙間から室内を見る。すると、めぐが長机に突っ伏し、椅子に座っている鈴に話しかけていた。
「そのイケメンくん、このまま学校も辞めちゃうのかなー…」
「さー、どーなんだろうなねー?」
 対する鈴はさほど興味なさそうに、ご当地ポッキーをかじりながら返す。
「何だよー、鈴。彼氏持ちだからって」
「はあ?」
「れ・ん・く・ん! ここ最近、前よりイチャついてるじゃん。幼なじみから彼氏に昇格とか。いーなー。少女漫画みたいでマジ憧れだよ」
「何言ってんの。蓮とはホントにそんなんじゃないんだって」
 めぐはフ~ンと納得がいかない様子だ。
「毎朝一緒に投稿してるのも、朝弱い蓮を起こしてやってるからで。アイツすごい低血圧だから。んで、そのお返し的に、チャリ乗っけてきてもらってるわけ。それに、もしもだよ? 彼氏……とかになってたら、めぐに報告しないわけないじゃん」
 ハタとめぐの動きが止まる。
「それは非常に嬉しい答えだね」
「でしょ。はい、ポッキー」
「ありがと。ん……? これ何味?」
「抹茶あずきだって」
「へー。ふしぎな味」
 二人のポリポリ食べる音が第二音楽室内に響く。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡

雨宮ひとみ /halyosy

「もしも、初音ミクが女子高生だったら・・・」で話題となったボーカロイド小説『桜ノ雨』シリーズ。第三弾として、スピンオフ作品『Fire◎Flower』が8月28日に発売されました。 それを記念して、シリーズ第2弾にあたる『桜ノ雨 僕ら...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません