第4回 春

個性的な新入部員2人に続き、さらに入部希望者が来るとの情報があり、さらに盛り上がる未来たち。でも、入部希望者は現われない……どうする未来!?
大ヒットボーカロイド小説『桜ノ雨』シリーズの第2弾『桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡』の一部を紹介します。シリーズ最新刊『Fire◎Flower』も発売中!


 それから数日後、三人目の見学希望者がくるとの連絡が、海斗先生から来た。
 もう新入部員は来ないんじゃないか、と思っていたわたしたちは、その朗報に大喜びし、いつもより気合を入れて練習をしていた。
 だけどその日、入部希望者は来なかった。
 急用でも出来たのかな?……まあいいか。たぶん明日には来るよね?
 楽観的に捉えたわたしは、翌日も、その翌々日も、同じようにスタンバイしながら、新入生が来るのを待っていた。
 そして気がつけば一週間が過ぎていた。
 さすがにこれは……と、思ったわたしは、ユキ、蓮、鈴と一緒に職員室へと向かった。
 海斗先生の席は窓際の端っこだった。
 机の上には教科書、会議の資料、タウンページ、郵便物、その他、様々なものが山積みになっている。そんな中、海斗先生は埋もれるようにうずくまり、何やら書きものをしていた。
「海斗先生」
「あ、未来部長」
「新入生、あれからずっと待ってたんですけど、やっぱり来なくて……」
「うーん。おかしいなあ。僕のとこに来たときは、合唱部についていろいろ聞いていったんだよね。活動日とか、過去にどんな曲歌ってたとか。部員は何人いるんだとか……。男子だし、貴重な人材なんだけどなあ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
桜ノ雨 僕らが巡り逢えた奇跡

雨宮ひとみ /halyosy

「もしも、初音ミクが女子高生だったら・・・」で話題となったボーカロイド小説『桜ノ雨』シリーズ。第三弾として、スピンオフ作品『Fire◎Flower』が8月28日に発売されました。 それを記念して、シリーズ第2弾にあたる『桜ノ雨 僕ら...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません