おくればせながら

歌手、女優、そして作家として独自のキャリアを重ねているCoccoさん。最新エッセイ集『東京ドリーム』(ミシマ社)発売に先駆けて、収録作品を先行公開。連載5回目は、Coccoさんが今まで贈られてきた花束の話。花が大好きなCoccoさんは、花束から贈り主を判断してしまうという癖があったのですが……。cakesではCoccoさんの独占インタビューも同時公開しています。あわせてお楽しみください。

 キザなイタリア人が、一輪の赤いバラを手に玄関のチャイムを鳴らしたので、お引き取り願った。

 私はあの・・赤いバラを贈られると心底がっかりしてしまう。花といえば赤いバラというその固定観念と先入観がどうも解せない。それは私に花を贈るという気持ちよりも、花を贈る自分に酔った自己満足ではないか、と思ってしまうからだ。

 しかし、赤いバラに感激して喜ぶ女たちもいる。何て素直で純粋でやさしいんだろう。

 そういう女に私もなりたい、なぜなれない?

 どんどん自分が嫌になってしまう。赤いバラを差し出されてデートに誘われたら、yesと言える女でいたいのに。

 長年連れ添ったマネージャーから赤いバラの花束を贈られた時は泣いて怒ってしまった。なぜこれだけ一緒にいて私の話を聞いていないんだろう? 好きな花や嫌いな花の話や、色々なエピソードや、あれ? この間の会話も、何? 何も聞いてなかったの? 人を責める自分が嫌になる。どうして赤いバラで喜べないんだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
東京ドリーム

Cocco

歌手、女優、そして作家として独自のキャリアを重ねているCoccoさん。最新エッセイ集『東京ドリーム』(ミシマ社)発売に先駆けて、収録作品を先行公開。歌を歌うこと、子供を育てること、人を愛すること、日々生活を営むこと、東京という街で働く...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ampm_gg 心をつかむ「贈り物」|ワイングラスのむこう側|林伸次 @bar_bossa | https://t.co/dRGCfKz0YB と  のセット読み オススメ(・∀・) 4年弱前 replyretweetfavorite