子どもだって「必要」とされたい! 「お手伝い」が自己肯定感を育てる理由

国際的な調査によれば「自尊感情」に影響を与える要因において、日本の若者には「ある特徴」が見られました。それは「周囲との関係性」ーー。放課後NPOアフタースクール代表の平岩国泰さんが、5万人の子どもと向き合う中でたどりついたメソッドをご紹介。全国の親御さんから大反響の子育て本『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

「ありがとう」には「すごいね」の
何倍ものパワーがある

「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成25年度)」の調査では、どの国でも「長所」が自尊感情に最も影響があったという結果が出ていました。

そこで、じつは、日本だけにある特徴が見られました。 それは「日本人は他者との関係で自尊感情が決まる傾向が強い」という特徴でした。

ほかの諸外国では「長所」「主張性」「挑戦心」という自分の特徴を、自分自身で認識して自信を持つのに対して、日本の若者は「自分は役に立つ」「まわりを信じられる」という他者との関係によって自尊感情が決まる要因が大きかったのです。

この違いは注目すべき点だと感じます。そして、多くの人が感覚的にもうなずけるものがあるのではないでしょうか。

アフタースクールに参加してくれた子どもで、ひどくおとなしい小学4年生の男の子がいました。彼はアフタースクールで料理に取り組み、市民先生である料理人に認められたことがきっかけで大きな自信をつけました。そしてそのことで強い偏食があったのが、見事に直ったということがありました。

私は彼の様子をずっと見ていて、彼が大きな自信をつけたきっかけとなった一言があったと感じました。

それはある日のアフタースクールの活動で、部屋に入ってきた彼に対する市民先生(料理人)のこんな一言でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

【発売後たちまち4刷】子どもが12歳になるまでに親が読んでおきたい一冊!

この連載について

初回を読む
子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門

平岩国泰

「やってみたい」「きっとできる」が口グセの子どもはどう育つ? 5万人の子どもと向き合ってきたNPO代表が提唱する新しい子育ての基本。全国の親御さんから大反響の子育て本『「自己肯定感」育成入門』より特別連載でお届けします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

msoki_kdo やはり感謝は大切なんですね。 #青森 #健康 #ウェルビーイング #親切 #感謝 #自己肯定感 #幸せ #幸福学 #ポジティブ心理学 #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 「日本人は他者との関係で自尊感情が決まる傾向が強い」そこまで有意に違うのか。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

____bluff 記憶にある最初の自主的なお手伝いを拒否されたことはずっと忘れない。その後感謝されようが、最初に否定されたダメージは大きい。ハァ https://t.co/3S6uXOoGZF 8ヶ月前 replyretweetfavorite