子どもを信じる―HSCを育てるための13か条

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

子どもを信じる

 ある敏感な中学生が私に言いました。
「お母さんが、私のことでイライラするのを見るのが一番つらい」
 はじめから親に心配をかけたいと思っている子どもはいません。できればお母さんにはいつも笑っていてほしい。自分のことが原因で、お母さんを悩ませたり悲しませたりしたくない。
 自閉スペクトラム症を抱えた作家の東田直樹さんも、「自分のことで両親が心配したり悲しむことはとてもつらい。両親には笑っていてほしい」と書いています。
 子どもというのは、みんなそう思っています。
 これは、親としてだれもがもっと意識したほうがいいことだと思います。
 それには、子どもを信じてやることが大切です。
 当人の意思をできるだけ尊重してあげてください。
「どうしてそんなことばかり言うの」と頭ごなしに𠮟ったり、イライラをぶつけてしまったりしないであげてください。
「そんなはずないでしょ」とバカにしたり、あざ笑ったり、からかったりしないであげてください。
  敏感なために、世間から奇異な目を向けられることがあったら「この子はそういうのが好きじゃないんですよ」と守ってあげてください。
 基本的に、温かい気持ちで見守ることが必要です。
 しかし、いつまでも過剰に心配して世話を焼きすぎないこと。子どもの自主性を尊重して、何かあったらいつでも支えるからという姿勢で、適度な「つかず離れず」の関係になれると、ベストだと思います。
 この章の最後に、敏感な子どもを育てていくために大切なことをまとめておきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません