うつの各段階で、まわりの人ができること

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

うつの各段階で、まわりの人ができること

 うつの発症から回復までは、もちろん個人差はありますが、ほぼ共通した段階があります。私が実際にクライアントさんたちとかかわる中で、その段階をどう見極め、どう対処しているかを簡単にご紹介しようと思います。

1 初期……もしやと思ったら記録を残しておく

 うつの初期に現れる症状は、イライラや疲労感です。キャパオーバーになっている気がするのに、「もうちょっと頑張ろう」とやってしまうのです。日本には我慢が美徳みたいな風潮がありますから、ここに気づけるかどうかです。
 家族や友人、子どもなどから見て「普段と違ってイライラしているなあ」とか、「なんか、当たられるなあ」とか、「ずいぶん疲れているな、寝てばっかりだなあ」とか、そういうところで意外に気がつく場合があります。
 そういう場合に、勝手に「私たちが悪いから」とか「仕事で無理してるから」とか解釈せずに、「こういうふうに見えるよ」と言ってあげることも大事だと思います。
 言っても、たぶん「そんなことはない」と否定されます。まあそういうものです。
 でも、身近な人は、その記録だけはつけておいてほしいと思います。いつぐらいからこんな状況だったか、わかるように。そういう記録があれば、お医者さんや心理の専門家がその人の波を知ったり、予測をしたりといろいろな使い方ができるからです。

2 発見期……休みを取らなくなったら要注意

 次が発見期です。これは、私のところに相談に来るとき、あるいは「壊れてしまったかな」と思えるときです。
 このときは、多くの人は休めなくなっています。
「ちょっと体調が悪いから休んでみようかな」と思うときはまだ健康なときです。オーバーワークや、抑うつがひどくなればなるほど、本人は休んではいけない気がして、「遅れを取り戻そう」みたいな気分になります。
 借金をして、最初のときは普通に返すつもりでも、金額が多くなってくると、それを返すためにギャンブルなどに手を出して、やめられなくなるのと一緒です。
 私も、最後のうつのときには休めなくなりました。休んだら悪いような気がするのです。自分がいないと回らないという、非常に傲慢な考えになります。こういうときは要注意だと思いましょう。
「顔色が悪いから休んだほうがいいよ」と言っても、なんとか理由をつけて休まなくなったら要注意です。
 そうなったら内科でもいいし、どこかの機関に相談してください。それまでの記録を見せて、「こんな感じなんですが」と相談すればいいと思います。
 このとき、本人のまわりでは負の連鎖が起きています。イライラしているので誰かに当たったりして、不機嫌にさせてしまいます。それで人間関係がうまくいかなくなり、仕事や家庭環境もぎくしゃくします。
 それによってまたイライラするか、疲れるか、または自責感に陥るということで、グルグルと負の連鎖に入り込んでしまいます。
 そういうところに、まわりも本人も気づけるかどうかです。「悪いことが続いている」というのは、だいたい、そういうときなのです。
 たとえば、すれ違うときに「お疲れさまです」って言ったのにスルーされたとしますね。健康なときだったら、「何か考え事でもしていたのかな」とか、「あれ、具合でも悪いのかな」とか、相手に対して配慮することができます。
 でも、具合が悪くなっているときというのは、「えっ、私が何か悪いことした?」など、自分の失敗や欠点探しに入ってしまうのです。それで、負の連鎖が起こりやすくなるのです。
 ですから、このへんもちょっと気をつけて、まわりとギクシャクしたり、よくない出来事が起きるのは、イライラや過敏さが作り出している連鎖ではないかと疑ってみることです。

3 休養期……ストレスだけ注意して、本人にまかせる

 そうして休養期に入ります。
 ここはしっかり休養してエネルギーを蓄えないといけないときです。
 でも、このときにはいろいろな不安が強くなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

34colorchoice79 やばい!発見期はいってるじゃん!! 8ヶ月前 replyretweetfavorite

enorocce 「自分はならない」と思って生きてきたけど 「自分の近しい人」に範囲を広げる癖をつけたいなと思う。なにごとも。 |玉川真里|イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ https://t.co/wngNXlY8ny 8ヶ月前 replyretweetfavorite