言い返したくても言い返せない。言い返そうものなら

「モテる文体とはなにか?」を徹底的に分析する連載です。今回は、日本人なら誰もが親しみを感じる“悲哀
表現”について解説します。書評ライター・三宅香帆さんの著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』から特別収録。


日本人の悲哀力
やっぱり厳しいよね…。そういうもんだよね…。でもがんばらなくちゃ! 



文章を定期的に書くようになる。そして不特定多数の人に見せるようになる。
すると一度は考えることがある。
それは「誰にでも好かれる、万能なテーマってなんだろう?」ということ。

友情(大切な仲間に感謝)、家族愛(子供が好き、妻が好き)。
どっちも悪くはないけど、狙って書けば、書き手の「これならウケるだろう」という魂胆が透けて見えそうだ。
感動(ほっこりする話)は? 
うーん、安易に泣かせようとする文章に、辟易する人も多い。

自虐(私ってこんなにダメ)なら人を選ばない? 
いや「そんなことない」って、周囲から否定してほしい感じが見えたら面倒。

そんな私が最強だと思うのは、「悲哀(せつないなあ)」です。



このサラリーマン川柳は、“サラリーマンあるある”を五・七・五形式で自由にまとめたものですが、受賞する作品のほとんどが「悲哀」をテーマにしています。
あらあら、せつないね…って苦笑させる感じが、万人の心をつかんでいるからです。

なさけない、せつない、かなしい、はらだたしい、もどかしい。

いろんな感情がいりまじりながらも、行き着く先には「どこも似たようなものだ」という安心感があり、「うちも捨てたもんじゃない」という希望があります。


おなじみ『リポビタンD』のCMは、テレビ版では「リポDを飲めば俺たちは最高だ!」という無敵感にあふれていて、まあ、飲んだ後はこんなに元気になれる! としっかり印象づけるための戦略なんだろうと察します。

一方、ラジオ版で伝えているのは、テレビとは対象的な「とほほ」な感じです。
あきらかにダメな感じ。
ぜんぜん思ったようにいかない、腹立たしさと切なさと滑稽さがあふれています。

体型が気になっていたり、医者から注意されたりして、日頃から(運動しなきゃなあ)と思っている“だけ”であろう平凡な夫が、ついに前向きな気持ちで「体重を減らすためにジョギングでも始めよっかな〜」と具体的な行動に移そうとする。

テレビ版だったら、ここで即座に「ファイトー! イッパーツ!」という威勢のいい掛け声によって、強引にしめくくられるかもしれない。

だけどこの話は、「ファイト」しません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

言葉の発信力をあげたい人へ。

この連載について

初回を読む
文芸オタク女子の バズる文章教室

三宅香帆

こんな書き方もありだったのか! 文芸オタク女子が暴露する、「モテる文章の秘密」がいっぱい。文章を書くという行為が、今よりもっと面白くなるはずです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m3_myk 本のなかでリポビタンDさんのCM解説したら、まさかの広報担当の方がリポビタンDをたくさん送ってくださるという驚きの展開に…。ありがとうございます原稿中にめっちゃ飲んでます🤦‍♀️🤦‍♀️うれしいhttps://t.co/8BeI12QJt0 3ヶ月前 replyretweetfavorite