ブス、結婚への道(2)

合コンで出会い、翌日のデートにこぎつけた田村麻美。
初回のデートの田村の行動に着目してほしい!
千里の道も一歩から。結婚への道の第一歩は、やはり勇気ある告白だった。

とりあえず
付き合ってみませんか?

食事が終わり、また上野公園へ行った。缶コーヒーを買ってベンチに座り、他愛のない話をした。相変わらず沈黙が多い。

でもとても居心地がよかった。

「とりあえず付き合ってみませんか?」

もちろん私から言ってみた。  

出会って2日目である。

彼はびっくりしていた。

彼「とりあえず……ですか?」
私「はい」
彼「とりあえず……とは?」


私「言葉の通りです。どんなに友だち期間が長くても付き合ってみないと本性はわからないものです。現時点で私はあなたのことが気に入っています。好意を持っています。なので、とりあえず付き合っていただきたい。もっと深く知りたいと思っているんです」


彼「確かに、友だち期間と付き合ってる期間って違いますね」

私「はい。もちろんあなたの意志も重要なので、もし私のことをもう少し知りたいと思ってくださるのであれば、いかがでしょうか」

彼「しかし、早くないですか?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ブスも美人もなぜか前向きな気持ちになる!

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード