感情に溺れないためにするべきこと

誰でも意図せず感情的になってしまうことがあります。しかし、感情に振り回されるのは本人にとっても好ましくないもの。多様性と寛容の国マレーシアから、知性で感情をコントロールする方法について考えます。

最近、ネットで悪口を書かれた相手を特定し、訴訟まで持ち込んだ方の投稿が話題になっていました。

私はむしろ、悪口をいう側の心理が気になります。弁護士さんのブログなどを読んでみると、知り合いだったり、知り合いでなかったりいろいろですが、軽い妬みや憂さ晴らしであることが多いようです。「日常の憂さ晴らし、軽いエンタメのつもりで悪口に昂じていたら、いつの間にか訴えられてしまった」と。おそらく、軽い気持ちでやってる。小学校のいじめと同じです。

SNSを見ていると、日本は今これが蔓延しているようです。
しかし、「怒り」や「正義」など、エンタメとして感情で遊ぶのはクセになる。
自覚ないままにハマっていくのは危険な気がします。


怒りって癖になる

特に怒りや嫉妬心って、癖になります。
怒ってるときって、なんだか正義を発揮してて、気分が高揚するんですよね。
私も子供を怒ってるときなんかはそうで、「あ、ヤバイな」と思います。止まらなくなるんです。

自分で自分のご機嫌をとること。周囲のマレーシア人ともよく話題になります。先日もインド系の友人が「ママは子供に怒りすぎる。もう少しコントロールして」って言われたとこぼしてました。

もしかすると、機嫌が取れるか取れないかは、世代によって受けた教育の問題かもしれません。
マレーシアでも旧世代の人たち(例えば、古いタイプの中華学校の先生)はよく怒りを爆発させたり、ケーン(木の棒)で子供を叩いたりしています。つまり、かつてはそれで良いと思われてた時代もあったのです。日本でもそうで、私の子供の頃は叩くための棒を持った先生がフツーにいました。

誰かに怒る「怒りキャラ」が癖になると、怒るネタを探すようになり、他人の不倫や失言にいちいち腹を立てるようになります。
インフルエンサーなどが失言すると、わっと人が群がってきて怒ってますが、中には「怒ることが癖になってる」人がいると思います。

ワイドショーはそんな人たちのために「怒っていい」「泣いていい」ネタを毎日提供している。「いかがなものか」「みなさん、これはないですよね?」と煽って、消費できるネタをくれる。
こうやって感情を煽ることで成立しているメディアも、少なくない気がします。

感情に浸ってるのって、気持ちいいし、クセになるんです。私もかつてマレーシアに来た頃は怒ってばかりいて「アングリーバード」と呼ばれてましたからよくわかります。


感情を知性でコントロールすること

少し前の記事ですが、高齢者が切れやすくなるのは、脳の老化により、感情コントロールがしにくくなるからだとテレビで言っていたとか。

高齢になるとキレやすくなる原因として番組が紹介したのが、脳の老化現象だ。前頭葉が委縮すると、感情のコントロールができなくなるという。

つまり、感情がぶち切れやすい人は、私を含め、老化を疑った方がいいのかもです。
認知科学者の苫米地英人さんが著書で「すべての感情はゴミである」と書いていたのを読んで、びっくりしたのです。
随分とキツい言葉です。

しかし、学者の視点からみると、人間の感情って生体反応の一つであり、実は現代人にはもはやいらないものであると。

感情を司るのは大脳辺縁系の扁桃体であり、それは「古い脳」なのだそう。一方で、新しい脳である前頭前野という分野では論理的な思考や理性を司っているそうです。
そして、感情は「暑いから汗をかく」「寒いから歯の根が合わなくなる」のと同じような、体の生体反応。「恐怖」の感情にしても、原始時代のように、もう動物に襲われる危険も滅多になく、種の保存のためや生命維持においても、感情はいらないものとなりつつあるといいます(詳細は、著書を読んでみてください)。

「感情に浸ったり、振り回されるのは意味がないよ」ってこと。

私はですね、これを読んで「ゴミですって!」と熱くなる人をあえて読者から外そうとしたのかな、と深読みしてます。

要するに、ほどほどに使いましょうってことだと思います。


「感情の発露」に気付くこと

そのためには、逆説的なようですが、自分の小さな感情に気づいて、適切に処理することも、非常に重要かなっと思います。
感情の緒を見逃さずに、その場で、対応しておく。

例えば、SNSを見て、「イラッとする」投稿があったら、その原因を考える。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
怒らない力—マレーシアで教わったこと

野本響子

編集者・ライターの野本響子さんがマレーシアで暮らし始めて感じたのは、日本にくらべて驚くほど寛容なマレーシアの社会。「迷惑は掛け合うのが当たり前」「怒る人ほど損をする」など、日本の常識からしたら驚くことばかり。 この連載では、そんなマレ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mmr_hrk memo 「感情がぶち切れやすい人は、私を含め、老化を疑った方がいいのかもです。」 → 8ヶ月前 replyretweetfavorite

srtpartners https://t.co/s6jmnpncKK 8ヶ月前 replyretweetfavorite

yestarina >苫米地英人さんが著書で「すべての感情はゴミである」と書いていたのを読んで、びっくりしたのです。 10代の頃だったらハマりそうな言葉である。感情は生きるのに飽きない為にあると思う。感情の爆発を防ぐ心構え↓ https://t.co/g1rtm7jOA1 8ヶ月前 replyretweetfavorite

mikagehime ↑ またまた良記事♪ 8ヶ月前 replyretweetfavorite