ゲイがダッドになるのに必要なもの

いま、「おっさん」はどこへ行くべきなのか? 時代に合わせて生まれつつある「あたらしいおっさん=ニュー・ダッド」たちの姿を見つめながら、これからの「父性」「男性性」を軽やかに考えるエッセイ連載第9回。制度、価値観の問題から、同性カップルが子どもを持つことが難しい日本。アメリカの養子縁組制度で「父」になったゲイのカップルの姿から、未来に向けて私たちができることを考えます。

イラスト:澁谷玲子

同性カップルが子どもを持つための制度が整備されていない

僕は自分の人生においてほぼほぼ諦めていることがあって、それは文字通りの意味での「ダッド」……「父」になることだ。なぜなら、僕はゲイだから。いや、ヘテロ男性だって大勢、経済的な問題から「父」になるのを諦めているような時代だけれど、やっぱりそこは、ゲイであることも別のレイヤーとして絡んでくる。

もちろん海外においては、同性カップルが子どもを迎えられる制度や法律があることは知っている。けれど、これから自分が海外に移住して、子どもを持ちたいと思っているパートナーを得て、しかもじゅうぶんに子どもを養育できるだけの収入を確保して、そしてついに「父」になる……ということはちょっとリアルには想像できない。その可能性はゼロではないけれど、とりとめなく考えているうちに、それはいつしか僕好みのイケダッドと海外で暮らす妄想(ヨーロッパの歴史ある街で大学教授をやりながら小さなダイニングバーを経営し、ときには自分もシェフとしてキッチンに立つ、かすかに憂いを秘めた心優しい髭面の中年男マリオ〔仮名〕と僕が暮らしている)にすり替わっている。つまり、リアルのリの字もないということ。

では、日本ではどうだろう? だけどそれもまた同じくらい、僕にとってはリアルに考えられないことだというのが正直なところだ。日本では、同性カップルが子どもを持つための制度や法律は整備されていないからだ。身近な実例がないひとがほとんどだろう。僕もそうだ。

とはいえまったく進んでいないわけではなく、2017年に大阪でゲイ・カップルが里親認定されたことは比較的大きなニュースとなった。様々な事情から家庭で暮らせない子どもを預かり養育するための仕組みである里親制度だが、その条件にはおもに「経済的に困窮していないこと」が挙げられているそうで、そのカップルが男女であるかどうかは条件になっていない。そのため、少しずつではあるが、里親制度を通して子どもを預かることを希望する同性カップルも増えつつあるようだ。

ただし、法的な親子関係を成立させる養子縁組制度と里親制度は基本的に異なる。養子縁組資格は同性カップルに認められていないため、仮に養親となったとしてもどちらか片方しか親権を持つことはできない。現実に日本でも、たとえば別れた夫との間に生まれた子どもを同性パートナーと育てているレズビアン女性なども少なからずいるので、親権の問題などを考えると法律や制度で具体的に親子の関係を保護することは重要だ。だから僕は、自分が「父」になることをリアルに想像できないのとはまったく別の問題として、彼ら・彼女らの選択を支持したいし、まずはきわめて現実的な問題として同性カップルにも養子縁組制度が認められてほしいと考えている。

「違う」ことは「良くないこと」とされがちな日本

けれど、自分がゲイとして「父」になることを想像できない一番の理由は……僕が臆病なゆえに、この議題が挙がるたびによく聞く「同性カップルの子どもはかわいそう」という声に怯んでしまっているからだろう。

「そんなことはない」と、海外で子どもを育てている同性カップルの実例をたくさん知っている自分は言い返したい。もちろん。けれど日本でそう信じ切っているひとたちに、実際に「親」として対峙できる根性が自分にあるのか、自信がないのである。

「子どもがかわいそう」である根拠として多く挙げられるのが、子どもがいじめられるというものだ。絶対に起こらないとは言えない。というか、いじめへと至る前段階としての「からかい」は確実にあるだろう。

だけど、それは同性カップルの両親を持つ子どもにだけ起こるものではない。運動ができないからとか、太っているからとか痩せているからとか(僕はこれでしょっちゅうからかわれた)、国籍が異なるからとか、家が貧しいだとか、「男らしく」ないからとか「女らしく」ないからとか……標準(とされるもの)から「違う」ことは、何かとからかいの対象になりやすい

肝心なのは、その段階で親だけに限らない周囲の大人たちが「違う」ことをからかうのは良くないことだと冷静に諭すことだと思うのだが、日本語の「違う」という言葉には「間違っている」という意味があることに象徴されるように、日本では周りと「違う」ことはあまり良くないことだとされがちだ。「みんな違ってみんないい」のは、本当に「みんな」が違うときで、多くのひとが同じで、少ないひとが「違っている」ときには適用されにくい。それはこの国で、ゲイとして30数年生きてきた自分の実感でもある。

だから、そもそも「同性カップルの子どもはかわいそう」という価値観自体が「違う」ものに対する差別を含んでいるのだが、話者にとってそんな意識はないのだろう。むしろ、ある種の道徳観からそういった言葉は発せられるのではないだろうか。「違う」ことは「間違っている」ことだから。それはほとんど論理ではなく感情の問題なので、反論するのは至難の業だ。

実際に「父」になることが男としての理想であり、完成形だと思っているわけではまったくない。そのひとがどんなジェンダーであれセクシュアリティであれ、結婚していても、シングルでも、子どもがいても、いなくても、それぞれの人生に貴賤があるわけではない。というか、わたしたちはそれぞれ大変でそれぞれ充実している自分の人生を生き抜くしかない。僕が仮にこのまま「父」にならずに人生を終えたからといって、自分がゲイであることを悲しいことだとはこれっぽっちも思わない。

ただ、親友が悲喜こもごもの子育てしている様を見て、あるいは僕の好きなおっさんたちが「父」として奮闘する姿を見て、自分が日本で生きるゲイであることで「父になること」をリアルに想像できないのが切なくなるときもある。実際に子どもを持つのが実現しないとして、僕は次世代のために何ができるのだろう?

ゲイのカップルが養子を迎えるまで

僕がそんなゲイ的ブルー(というか、早めのミッドライフ・クライシスなのか?)に陥っていたときに読んで、ゲイがゲイであるまま「父」になる疑似体験をさせてくれた本がある。ダン・サヴェージキッド 僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか(大沢章子訳、みすず書房)だ。

サヴェージはアメリカではちょっと名の知れたコラムニストで、オープンリー・ゲイとして、おもにゲイのセックスやライフスタイルにまつわるあれこれを面白おかしく書く人物として知られている。『セックス・アンド・ザ・シティ』の主人公キャリーのゲイ版って感じだろうか? ともかく、歯に衣着せぬというか、かなり際どいユーモアを含んだ文章が特徴で、読んだ印象としては「皮肉屋なんだろうな~。知り合いぐらいの距離感ならいいけど、近くにいたらけっこう苦手かもな~」。アメリカ人のゲイの友人に「ダン・サヴェージってどうなの」と聞いたら、「うーん……、極端な発言も多いから、賛否がすごく分かれるひとだね」と教えてくれた。うん、そんな感じだ。

そんな頭は回るが口があまり良くないゲイ・コラムニストが「父」になる過程を、非常に具体的に記したのが『キッド』だ。彼と彼のボーイフレンド(当時。のちの夫)であるテリー・ミラーが養子として息子を迎えるまでを描いていて……僕は、この本をある種の冒険譚として読んだ。ワクワクの果てに、登場人物たちが成長し、ほんのりとした感動が残る「物語」なのだ。ラストの一行には少し泣いてしまう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ニュー・ダッド あたらしい時代のあたらしいおっさん

木津毅

「おっさん=悪いもの、古いもの、いまの社会の悪しき土台を作ったもの」とされている今日この頃。ではいま、「おっさん」はどこへ行くべきなのか? 時代に合わせて生まれつつある「あたらしいおっさん=ニュー・ダッド」たちの姿を見つめながら、これ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hide_u 内容も見て欲しいですが、90'sブリポ的にも気になる見出しだったので - 6ヶ月前 replyretweetfavorite

myongkici 木津さんのnote、いつも良いけどこの回泣けます。。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

vertigonote 昨夜見た『僕の家族のすべて』良かったナーと思ってたところに、タイムリーな良い記事が。https://t.co/btSfYC2Tuf 7ヶ月前 replyretweetfavorite

0ta9w 紹介されてるダンサヴェージの著作、モダンラブのエピソードの元ネタだ! 7ヶ月前 replyretweetfavorite