俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

激動の2020年。下町・亀有のミリタリーバーで愛と平和を語る

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 激動の2020年の幕開けだろう。イランを巡る危機、某企業の元社長の逃亡劇、そして新型コロナウイルスの流行……平和の祭典・東京五輪はこのまま平穏無事に開催されるのか。そんなことを考えながら、JR総武線に揺られ、車窓から見える新国立競技場を眺めていると、夜遊びガイドのO氏からLINEのメッセージが届いた。

「亀有で取材中、怪しい一角を発見!」。写真には廃墟と思われる建物と「セクシーギャル」と書かれたボロボロの看板。一体何を訴えようとしているのか……。そこからさらに30分ほど電車に揺られ亀有で降車、O氏と合流することに。

亀有の治安を守る、ご存じ「両さん」。実際、こんなサンダル履きの諸先輩方がこの店のご常連にもあまたいるそうだ

 駅で手を挙げて待っていた“有名警察官”の像をすり抜け、やたら中華料理店の多い繁華街を進むと、明らかに毛色の違ったネオン街にO氏が立っていた。

下町・亀有の元ピンサロ街の片隅に

「これが写真の廃墟なんですが……。それより隣を見てください」

 スナックや居酒屋、アジア料理店が並ぶ薄暗い長屋の一角。件の「セクシーギャル」の廃墟の隣から漏れる明かり。素通しのドアから中を覗くと拳銃がズラリ。奥には機関銃やロケットランチャー、そして手榴弾と思しき「火器」がうやうやしく鎮座している。

 店内には女のコが複数人。その一人と目が合ってしまった!

「どうぞ! いらっしゃいませ~」

左から、ももちゃん、ゆかちゃん、あいりちゃん、くぅちゃん。セクシーでキュートなアーミールックはなんと自前だそう

 ドアを開け、我々を招いてくれたのはアーミールックの女のコ。胸元は大きく開き、ミニに網タイツ。映画『地獄の黙示録』のプレイメイトのよう。ブラック系のビートの効いた音楽、モニターには際どく尻を振る女たちの映像が流れている。恐る恐る席に着くと、アーミー女子はテンションが高い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード