障害者差別解消法という法律ができて数年、現場の体制は……?

2016年4月に「障害者差別解消法」という法律が施行され、国公立の学校や役所において、障害を理由とした差別が禁止されるとともに、「合理的配慮」の提供が義務となりました。
ナツは「高校に入ったら合理的配慮を受けたい」と言いますが、中学の先生は匿名で学校に問い合わせることを提案します。その理由は……?
2月29日発売『「うちの子は字が書けないかも」と思ったら』より特別公開!

第2話 勉強ってなんなんだろう?(前編)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「読み書きできるのはあたり前」ではない子どもたちの将来を考える一冊

この連載について

初回を読む
うちの子は字が書けないかも」と思ったら

千葉リョウコ /監修:宇野彰

発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)の子は、日本の小学生で40人学級に3人の確率で存在する。では、「うちの子は読み書きが苦手だ」と気づいたとき、保護者に何ができるのか。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zoukeionline 美術科や美術部が救える子どもがいることをもっと知って欲しいね。 26日前 replyretweetfavorite

uchinokohajiga1 cakes連載5回目更新されました。今回から第2話です。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite