野菜不足をスープで解消! 小松菜一束、かるーく食べ切るベジスープ

まるごと一束の小松菜を、塩とオリーブオイルで蒸し煮して味わうスープをご紹介します。出汁をとらなくても、旬の小松菜の味わいが引き立ち、すごくおいしい。お肉や卵をあわせて食べるのもオススメです。

もりもり青菜が食べられる。

野菜不足を感じることはありませんか? 今日はそんなときに食べたい、青菜スープを作りましょう。小松菜は、アクやクセも少なく、おひたしや炒め物など万能に使えますが、スープにも向く野菜です。今日は10分もあればできあがる、簡単シンプルスープをご紹介します。

このスープのポイントは「蒸し煮」です。ザクザク切って鍋に入れ、塩とオイル、それに水をほんの少し加えて蓋をして加熱すると、鍋の中で小松菜が蒸されたような状態になります。こうして食べるとなぜかおいしい! ぜひ試してみてください。

だしもブイヨンも使わないのですが、旬の小松菜の味わいがしっかり感じられます。小松菜一束が、ちょっと足りないなと感じるかもしれません。もりもり食べて野菜をしっかりチャージしてくださいね!


小松菜の塩蒸しスープ

材料(2人分) 所要時間10分

小松菜 1束
塩 小さじ3/4
オリーブオイル 小さじ2
片栗粉 小さじ1
水 450mL

作り方

1.切る
小松菜はよく洗って水を切り、根元を落として4センチぐらいのざく切りにする。★1

2.蒸し煮する
鍋に小松菜を入れ、塩とオリーブオイルをふり、水50mLを入れてふたをして、中火で3分蒸す。ふたをあけて全体を混ぜて、ふたたび1~2分蒸す。★2

3.水を加えて片栗粉でとろみをつける
小松菜にしんなり火が通ったら、水450mLを加えてあたため、味をみて、塩で調える。片栗粉小さじ1を同量の水で溶き、鍋に少しずつ加えてとろみをつける。


レシピのポイント解説

・小松菜の洗い方
・蒸し煮について

★1 小松菜の洗い方

小松菜は、洗った方がよい野菜です。根元のところに泥がついていることが多いので、ボウルに水を張って、少し漬けて置くとよいでしょう。葉はもちろん、根元を分けるようにして、しっかり洗います。


ボウルに水を張って漬け、さらに流水で洗うとよい

小松菜の根っこはぎゅっとしまっていて、こんな風に泥が詰まっていることもあります。割るようにして、上から水を当てれば綺麗になります。


よく洗ったつもりでも、はがしてみると……


切ってまだ汚れている場合は、茎をぎゅっと手で握って、切り口を流水で流すと泥が落ちる

きれいに洗えたら、あとは楽勝。水をしっかり切って、4センチほどのざく切りにします。


食べやすい長さにザクザク切る


★2 蒸し煮について

フレンチには「エチュベ(エテュベ)」という、蒸し煮の技法があります。本来は野菜の水分だけを生かし、弱火でじっくり火を入れていきますが、日本の鍋は薄手のものが多いので、少し加水して失敗なく作りましょう。なるべくぴったりふたができる鍋を用意してください。

鍋に小松菜を入れ、塩を振り、オリーブオイルをまわしかけ、水50mLを加えます。ふたをして、中火にかけます。


塩は、野菜から水を早く出す効果があるので、小松菜と交互に入れるとさらによい

3分ほどたったらふたをあけると、かなりしんなりしているはずです。全体を返して、再度ふたをして、あと1~2分加熱。まんべんなく火を通します。


このあと加水して煮るので、多少のムラは気にしなくてよい

1本茎を食べてみて、おいしく食べられればOKです。ここに水450mを加えてあたため、軽く煮込みます。味を確認し、最後に水どき片栗粉を混ぜ、軽くとろみをつけたらできあがり。

蒸し煮を覚えれば百人力

この蒸し煮は、一度覚えておくととても重宝する調理法です。スープにする前の段階でもおいしく食べられますし(塩は加減してください)、炒めるより失敗も少なく、ほとんどの野菜がこの方法でおいしくなります。

鍋は、厚手のふたのついた鍋が最適ですが、焦げ付かせないことが大事です。鍋の音を聞きつつ、チリチリと音がして水が足りないなと思ったら、迷わず加水してください。沢山いれる必要はありません。

野菜をたっぷり食べられるのは、家ごはんならではです。コンビニごはんが続いたり、ちょっと野菜不足だなというようなときに、大満足の一皿になると思います。


【アレンジ】青菜+肉や卵で、ボリュームアップ

青菜の塩スープはあっさりしています。肉や魚、たまごなど、たんぱく質を加えることで食べごたえも高まり、さらに栄養のバランスもとれます。小松菜はとくにクセがないのでどんなものとでも相性がよいです。ここではベーコンと卵を紹介しましたが、豚、鶏、牛、ひき肉、鮭や海老など、本当に様々なものと組み合わせることができます。

小松菜とベーコンのスープ

蒸し煮するときに、ベーコンの細切りを一緒に入れて蒸し煮しましょう。ベーコンのコクとうまみが加わったスープになります。ソーセージを刻んだものや、ツナ缶などでもいいでしょう。

青菜と落としたまごのスープ

落としたまごを入れておいて、途中で味を変えるのもおいしいものです。たまごは直接小松菜の入っているスープ鍋に入れて閉じるのも良し、別のお鍋でポーチドエッグを作っても良しです。

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

野菜、お好きですか? おいしい旬の野菜を手に入れたら、ぜひシンプルなスープで味わってみてください。旬の野菜をたっぷり食べる、究極のベーシック・スープをスープ作家の有賀薫さんが教えててくれます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyu_22 有賀さん@kaorun6 のルーティン、幸せな気持ちになった。なんてすてきなお宅なんだ。毎日このスープにお世話になってます!塩と油だけで、めちゃくちゃ簡単でおいしい! https://t.co/lijch9Z11Z https://t.co/wa6KKYYM1T 3日前 replyretweetfavorite

tanashe_writing 昨日の昼食に、これ作った https://t.co/PqINnCuXql 7日前 replyretweetfavorite

dnabeta 明日作るかな。 https://t.co/wXKk4Ez7Oi 8日前 replyretweetfavorite

e39da 給食用食材だった小松菜買って作ってみたら美味しかった。蒸し煮すごい。- 9日前 replyretweetfavorite