三島由紀夫が「本当の生活というものがある」と称した!神島

伊勢神宮の近く、三重県鳥羽市から、フェリーで約40分のところに神島と呼ばれる小さな離島があります。神島という名前だけあって、昔は神に支配されていたと信じられていたそう。神秘的! そして、三島由紀夫の名作『潮騒』の舞台。なんでも三島がここを訪れた際、川端康成に「ここには本当の生活というものがある」と書いた手紙を送ったとか。これは行ってみるしかない! ということで、ケトルは神島に行ってきました。

伊勢神宮の近く。

三重県鳥羽市から、フェリーで約40分のところに神島と呼ばれる小さな離島があります。神島という名前だけあって、昔は神に支配されていたと信じられていたそう。神秘的! そして、三島由紀夫の名作『潮騒』の舞台。なんでも三島がここを訪れた際、川端康成に「ここには本当の生活というものがある」と書いた手紙を送ったとか。これは行ってみるしかない! ということで、ケトルは神島に行ってきました。


坂をウキウキウォッチング!

島につくと、坂を上って宿「山海荘」へ。山海荘の若旦那、山本さんは「昔は島とか大っ嫌いで。早く都会に出たかった(笑)」と語りますが、今は、島の環境に魅せられ、また祭りに俺は外せないと語る大の島好きに。島のPRマンとして、さまざまな企画を考えています。そのひとつが、神島で年中獲れるたこをフィーチャーした“たこカツバーガー”。「島を歩きながら気軽に名物を食べてもらえるように、テイクアウトできるものをと思って」とのこと。それもそのはず、神島は島歩きが楽しい島でもあるんです!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
島が大好き!

ケトル

日本に島はいくつあるでしょう? 正解はなんと6852島。人が住む島は400を超えます。それぞれ個性的な文化を持つ島がそんなにあるなんてびっくりしませんか? せっかくニッポンに生まれたのに島にいかなきゃもったいない! ケトル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード