フランス料理の有名シェフの技法をとり入れた、簡単おうちポトフ

今日は、冬の料理でおなじみの「ポトフ」をご紹介します。おいしく作るポイントは肉の旨味を最大限に引き出すこと。時間はかかりますが、じっくり煮るだけの簡単な料理です。

ポトフは肉と野菜を水から煮込んでいく庶民的な料理です。野菜や肉を煮て、その旨味が溶けこんだ液体ごと味わうこの料理には、フランス料理の基本が詰まっています。
ポイントは〈弱火でことこと煮込む〉こと。ところでポトフのような煮込み料理に用いる塩はどのタイミングで振ればいいのでしょうか? この料理をつくることでその答えがわかります。


ポトフ

材料(2人前)

牛肉(煮込み用)…300g〜
塩…小さじ1/2+1/4(4.5g)
ベーコン(ブロック)…100g
玉ねぎ…1個
にんじん…1本
セロリ…半分
長ネギ(白い部分)…半分
昆布…2g(5cm角)
水…1.2㍑
胡椒…適量
パセリのみじん切り…適量
マスタード…適量


1.牛肉に塩を振り、30分以上置く。玉ねぎは半分に切って、中火にかけたフライパンで片面に焦げ色がつくまで3〜4分焼く。

2.煮込み用の鍋に水1.2㍑、1の牛肉と玉ねぎ、ベーコン、半割にしたニンジン、適当な大きさに切ったセロリ(葉は使わない)、同じく適当な大きさに切った長ネギ、昆布を入れ、強火にかける。沸いたらアクをとり、弱火に落として2時間煮る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

肉料理の基本も紹介しています。

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

merry666 セロリはとてもいい香りなのにまだ苦手みたいだ 8ヶ月前 replyretweetfavorite

sakomakoharu 塩のタイミングの話になっとく。 |樋口直哉 @naoya_foodlab |「おいしい」をつくる料理の新常識 https://t.co/PD4tZsnlW0 8ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorun6 樋口さんのcakes連載、ポトフだ!| 8ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 「塩はいつ振るのか?」の答えに納得。 8ヶ月前 replyretweetfavorite