本当の魚好きなら一度は訪れるべき場所!奈留島

小さな島に漁港は9つ、街ゆく人はだいたい漁師。魚好きなら一度は渡れ。磯遊びから夕ご飯、はては宇宙まで、美味しい魚を全身全霊で堪能できるこの島へ!

五島列島の魚は旨いー。

福岡・博多から、五島の“へそ”奈留島へ向かう約9時間の間は、その期待を最高潮に高めておいて。この島には、魚が宇宙規模で美味しく感じられる体験が待ってます。

様々な様々な海の幸をのせてやってくる対馬海流に面した五島列島は、日本でも指折りの漁場。なかでも島内に9つの漁港を持つ奈留島(なるしま)は、水産高が町の盛衰を左右するとさえいわれるほどの“漁師の島”です。


朝8時10分、奈留港着。さて降り立って早々ですが、まずは朝8時半オープンの奈留町漁業組合の購買部へ行き、一気にテンションを上げましょう。お目当てはもちろん、ついさっき水揚げされたばかりの新鮮な魚。この日は山盛りのアジが何箱も積まれ、ざくざくとカゴに盛られての量り売り。ホワイトボードに「アジ400円」と書いてありますが驚くなかれ、1kgあたりのお値段です。他にも、イサキやメジナなど旬の魚介が並ぶ、まさにお魚天国!


魚モードをMAXにしたところで、奈留港の案内所で自転車を借り島巡りへ。島のメインストリートを北へ進み(子どもたちが島外に出て戸惑わないようにと設置されら島唯一の信号機あり)、江上天主堂が建つ島の西側へ向かいます。海岸沿いの道を潮風に吹かれながら驚くのは、海と食卓の近さ。

釣り竿を持った子どもたちが走り、相ノ浦湾や大串湾ではおばあちゃんたちが岩牡蠣を、横では孫がアオサを取って遊ぶ。これが夕飯のお味噌汁の具になるんです。連なる山々が海に沈んでできたという五島列島の平地はわずか。家の間際まで迫る海は、奈留島の人々にとってもはや庭なのでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
島が大好き!

ケトル

日本に島はいくつあるでしょう? 正解はなんと6852島。人が住む島は400を超えます。それぞれ個性的な文化を持つ島がそんなにあるなんてびっくりしませんか? せっかくニッポンに生まれたのに島にいかなきゃもったいない! ケトル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード