個別株】魅力的な世界的企業がズラリ、大型株こそ買いのターゲット

米国市場に上場する大型のグローバル企業は、われわれの日常生活にも身近な製品・サービスの数々を送り出している。最後に、そんな個別銘柄投資のポイントを押さえよう。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 「ウィンドウズ」「Amazonプライム」「iPhone」「グーグルマップ」……。これは、マイクロソフトを筆頭に、米株式市場の時価総額上位から順に並べた際、それらの企業が世界に送り出している代表的な製品・サービスの名前を挙げたものだ。こうして見ると、記者は普段からよく使う必需品ばかり。あなたはいかがだろうか。

 このように、日本人にもなじみの深い画期的な製品・サービスを、米国の世界的企業は次々と送り出してきた。自ら利便性を肌で感じているからこそ、そんな企業に長い目で「投資」するのも一手だ。

 というのも一消費者として、自分が「すごい」と思うものは他の人もそう考えやすい。そんな企業の製品・サービスにこそ、利用者はお金を払いたいと考える。結果的に企業が収益を上げて成長し、株高となるのは自然な流れだ。

 『日本株とは段違いの「米国株」高成長や高配当など魅力満載!』では、米国株の魅力やETF(上場投資信託)投資などを紹介してきたが、最後は個別銘柄投資のポイントを押さえよう。

配当金の二重課税に対応するには
「外国税額控除」

 まず、日本株投資と比べた際の主なメリットとデメリットをまとめたのが下図だ。メリットの一つ目に挙げられるのが、いわゆる「GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)」のような、日本にない「世界的プラットフォーマー」に投資ができること。

 SBI証券の榮聡シニア・マーケットアナリストは、こうした「日本の市場に見当たらない銘柄」を買うことを勧める。最近は個人情報絡みの批判も出ているが、グーグルの検索連動型広告やフェイスブックのSNSのシェアの高さなどは日本企業にないものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード