洒落にならない方向音痴

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。飾らず、自然体でおおらかな性格の彼女の日常を切り取ったエッセイが大好評連載中!

今回は、女性ならあるあるの方向音痴のエピソード。ただ、この究極さが笑えます。

私は方向音痴です。

という女子は沢山いらっしゃるかも知れませんが、私の場合、「ヤバいレベル」です。

例えばスタジオなどでトイレの場所が少し離れていたりすると、元の仕事場に戻れなくなる事もしばしば。

特にテレビ局は、小さい楽屋が沢山並んでいて迷路のようです。

一緒にトイレまでついて来てくれたマネージャーさんが先に戻られていて、出てきたらいなくて、本気で迷って(このままでは収録に間に合わなくなるのではないか)と思う程無駄にウロウロして冷や汗をかいた事もあります。

もう47歳なのに、トイレから楽屋に戻れないなんて、全然かわいくもなく人に聞くのも恥ずかしいし、聞かれた人も、「人の楽屋の場所なんか知らんわ。」となるのが当たり前で、あの時は本当に自分の方向音痴振りが嫌になりました。

モデルオーデションを受けに行ってもよく(本当にしょっちゅう)控え室や出口が分からなくなり、早く帰りたいのに帰れない状況になるのです。

あまりに多いので自分で分析してみた結果、入口と出口が同じだった場合(だいたい同じですが)右から来て入ると出る時も右に出てしまう傾向にあり、結果反対方向に歩いて行っていることになってしまうので、自分が思っているのと逆に歩いてみると合うのかしら、と思ったりもします。

これは母としてもかなり恥ずかしい思いをしていて、

息子の通っていた小学校の授業参観や保護者会に何度行っても我が子の教室へ向かう最短距離が分からず、これまた全く関係ないところを歩いていたら、同じクラスのお母さんに「どちらへご用事ですか?」と聞かれる始末。

やっと教室への行き方を覚えた頃には学年が上がり、また1からになったり、「今日の参観は音楽室です。」とか言われたりします。

後半になってくるとそんな私を見兼ねたお母さんが「出口はこっちですよ。」と誘導して下さるようになりました。

34歳で出産しているのでお母さん同士の中で特に若い方でもないのに、本当に恥ずかしい。

勿論、知ってますよ! 誰でも行きたい場所に誘導してくれる便利なGoogleMap!!

外ではフル活用していますが、建物のなかでは使えないのが私にとっては難アリです。

もう「目的地」には到着しているのですから、当たり前ですよね。

誰か、建物の中で「楽屋1」とか「音楽室」とかを「目的地」に設定出来るアプリを開発してくれないかなぁ…と思いますが、きっとニーズがないから出来ないでしょうね。

また昔話で恐縮ですが、私がモデルに成り立ての頃(約30年前)は携帯電話もない時代ですから、まずは一人暮らしのアパートにFAXを買って、そこにオーディションやお仕事の地図が送られてきました。

当時は感熱紙といって、沢山送信されてくると1枚ずつ切れたりはしないので延々と繋がって出て来て、くるくると丸まってお茶とか溢したら字が激しく滲んで読めなくなる薄〜い用紙でした。

それをハサミでカットして何枚も丸まらないように伸ばしてクリアファイルに入れて、まだ慣れない東京砂漠を一人であちこち迷いながら、1日4本とかオーディションをこなしていた日々が懐かしいです。

絶対に他のモデルの1.5倍は(無駄に)歩いていたと思います。

私の凄い(ダメな)ところは、「1回迷った場所は何回行っても迷う」ところです。

「ここは迷う」という場所は「絶対に迷う」ので、より早めに家を出る必要があります。

私の鬼門は「新宿」。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

堀本陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の堀本陽子さん。最近では、バラエティ番組にも出演し、飾らず自然体で、実は、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな堀本さんの日常を切り取ったエッセイが連載開始! 人気俳優の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

iforisarita   https://t.co/U4B2Lln0mh 樒くんじゃん……… 7ヶ月前 replyretweetfavorite