こんまり様お願いします、私めにきつい躾を

「モテる文体とはなにか?」を徹底的に分析する連載です。今回は、こんまりさんの「心を離さない文章術」について解説します。書評ライター・三宅香帆さんの著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』から特別収録。

こんまりの豪語力
そんなの無理でしょ! …え? 心配いらないの?



「片づけのプロ」こと近藤麻理恵(通称こんまり)さんは、アメリカにも進出して大ブレイクを果たし、いまや世界中を席巻しそうな勢いですが、個人的には当然だと思います。
こんまりさんがすごいのは片づけのテクニック、生き方や思想だけじゃないからです。

『人生がときめく片づけの魔法』が話題になったとき、正直言って、学生の私が読む類の本じゃないなと思いました。でもそんな私が母から借りて読みはじめたが最後、ものの数分で「ときめくものだけ…人生に残す…!」と鼻息を荒くしていました。スパーク・ジョイです。


この文章の力に触れたら、きっと誰もが説得されてしまう。

ぶっちゃけた話、そこまで片づけに熱心でない読み手は、この本を「いやいや片づけをしたくらいで人生がときめくかよ」と斜に構えて読みはじめるでしょう。ごめんなさい! 私がまさにそうでした。私はこの歴史的名著の力を、完全になめてかかっていたのです。

しかしそんな読み手たちを、こんまりスマイルで「片づけをするだけで、人生がときめくんですよ? やらない手はないでしょう。ほらあなたもやってみましょうよ」とぐいぐい引っ張っていく、その腕力の強さはハンパではありません。

腰の重いこと山のごとしの私ですが、こんまり本を読んだ直後は「片づけとか超かんたんじゃね?」と渋谷のギャル並みのノリの良さで、ほいほい片づけを始めかと思うと、散らかり放題だった私の部屋が、あっという間にきれいになっていました。

その理由は、こんまりさんの片づけ術がすばらしいから、というのはもちろんそう。
しかしそれだけじゃない。こんまり本の文章は、あるルールが徹底して守られているからです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

言葉の発信力をあげたい人へ。

この連載について

初回を読む
文芸オタク女子の バズる文章教室

三宅香帆

こんな書き方もありだったのか! 文芸オタク女子が暴露する、「モテる文章の秘密」がいっぱい。文章を書くという行為が、今よりもっと面白くなるはずです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません