Jリート vs 不動産投資 初心者にはどっちが有利?

ワンルームマンション投資が会社員に人気だ。ローンを組め、レバレッジが利く分、Jリートより大きくもうけられそうだが、落とし穴はないのか? 現役の不動産投資家を直撃した。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 不動産投資ブームが継続中だ。特に都心のワンルームマンション投資が活況だという。資金のない素人がもうけられるほど甘いものだろうか? 不動産投資歴10年の専業投資家で、ツイッターでも有名な、どエンド君(ハンドルネーム)を直撃した。

 「将来が不安ですよね? と誘われるがままに不動産投資をするのは、やめた方がいいです。物件を買っても、今度は空室になったらどうするのか、借金の残債以上で売れるのかなど、不安がもっと増えるだけです」(どエンド君)

 不動産価格の上昇で、都内の新築ワンルームの利回りは4%程度まで低下。利回り面ではJリート(不動産投資信託)と互角だ。ワンルーム投資の場合、資金ゼロであっても、フルローンが付くのが魅力だが……。

 「長期ローンで返済すればキャッシュフローは出て当たり前です。それよりも、買った物件を同額で手放せるのか考えましょう。だいたいの新築ワンルーム投資は数百万円損したところから始まるので、数百万円の自己資金をつぎ込まないと、買ったら最後、手放すことすらできなくなります」(どエンド君)

 運用はプロにお任せのJリートと違い、現物の不動産投資は物件の管理など手間もかかる。

 「不動産投資は、自分で差配できることがメリット。逆に言うと、管理会社にお任せで成功するほど甘くはない」(関大介氏)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード