わかる日本書紀

その場しのぎの嘘は必ずばれる【第14代⑪】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第2巻から、日本の正史を学ぶ連載。

朝貢をめぐる百済と新羅のトラブル

神功皇后摂政四十七年四月、百済王は、クテ、ミツル、マコを使者として、朝貢させました。
新羅国の使者も、クテたちと共に日本に来ました。皇太后と皇太子・ホムタワケ(誉田別尊)※1は大変喜んで、
「先帝が望んでいた国の人の来朝が、今実現した。崩御までに間に合わなかったのは残念だ」
と言いました。臣下たちは皆、涙を流しました。

そのとき、百済と新羅二国の貢物を検証してみると、新羅の貢物には珍しい物が実に多くありましたが、百済の貢物は少なく粗末で、品質が良くありませんでした。
そこで、クテたちにどうしたのかわけを尋ねると、こんな答えが返ってきました。
「我らは道に迷い、新羅に着いてしまいました※2。すると、新羅の人が、我らを捕えて牢に監禁しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません