私が欲しいのはモノではなく

「モテる文体とはなにか?」を徹底的に分析する連載です。今回は、「なぜジャパネットたかた社長の言葉には、人を動かす力があったのか」を解説します。書評ライター・三宅香帆さんの著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』から特別収録。

高田明の視点力
なんでこんなに「ほしい!」と思わされてしまうんだろう? 


つまるところ、文章を書く意味ってなんだろう。

言ってしまえば、文章なんて「言葉を並べかえているだけ」じゃないか。
自分の頭に浮かんだことを、ただそのまま文字にしているだけじゃないか。

だとしたら文章の価値って、一体どこにあるんだ。ってそもそも文章って、一体なに⁉︎ 
…頭の中でそんな哲学がはじまると、まったく書けなくなります。

そんなときに“効く”のがこの文章。

いやほんとそのとおり! と、何度読んでも、思わず心の中で叫んでしまう。
ものすごく計算されて作られた文章です。さすがジャパネットたかた…と震えます。

みなさんもご存知、ジャパネットたかた元社長の高田明さんは、家電でも衣類でも健康器具でもなんでも、視聴者に「ほしい!」と思わせる話術の持ち主。
いままでほしいと思ったことのない商品の紹介でさえも、つい聞き入ってしまった人は少なくないでしょう。

が、すごいのはトークだけではありません。
高田さんが「セールストークの原稿を作成する人」だということは案外忘れられがち。

文章のゴールは「読者の心を動かすこと」ですけど、セールストークのゴールは「商品を買いたくなるように心を動かすこと」。さらに「買う」という行動をさせる必要があります。


あるシニア向けウォーキングシューズを売るとき。普通ならそのウォーキングシューズの良さを伝えたいですよね。たとえば、他のシューズと比較する。シューズを使うような場面について語る。新機能のすごさを目一杯話す、など。

でも高田さんは、そんなやり方をまっこうから否定するんですよ! 
自分にとってのシューズの良さではなく、お客さんにとってのシューズの良さを話せ、と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

言葉の発信力をあげたい人へ。

この連載について

初回を読む
文芸オタク女子の バズる文章教室

三宅香帆

こんな書き方もありだったのか! 文芸オタク女子が暴露する、「モテる文章の秘密」がいっぱい。文章を書くという行為が、今よりもっと面白くなるはずです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba 三宅香帆「なぜシューズの機能やメーカーの凄さについて語っても意味がないのか。その理由を、高田さんは「(お客さんにとって)あんまり面白くないから」だと、ばっさり斬り捨てます。 」https://t.co/ltIFsuSdx9 https://t.co/nWowAkkuty 6ヶ月前 replyretweetfavorite

m3_myk cakes連載更新されてます〜! 命題「ジャパネットたかたのCMがなぜあんなに購買意欲をかきたてるのか!?!?」について解説してます。 ジャパネットたかた、あまりにも構成が…うまいのよ……。 https://t.co/TCLZsK8DCw 6ヶ月前 replyretweetfavorite