言語障害者とウイルス

「ウイルス」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか? インフルエンザ? 今なら、連日メディアで報道されているコロナでしょうか。今回はインフルエンザなどのバイオなウイルスの脅威に備えていた福本さんのもとに現れた、意外なウイルスとの戦いをお送りします。

脳性まひ者のひとり暮らしである。57歳とはいえ、とっさに動けないパソコンに疎い。加えて特有に聞こえる言葉を使う。100歳のおばあちゃんより、ややこしいかも?

おばあちゃん化した体を持つ私は、ご多聞に漏れず、インフルエンザや新型ウィルスにおびえている。なにしろウィルスというやつは目に見えない。結果、毎日髪と体を洗うようになった。最近、自分史上最高に清潔感を保っている。 パソコンもウィルスにかかることがあるのを身をもって知ったのは、今冬はじめ。

足腰も痛く外出もままならない。「家で一人いる長い時間のおともに、犬が飼いたい」の欲望はおさまらず、こそこそこつこつパソコン検索。その時だ! 「このパソコンはウィルスにかかっています。画面のフリーダイヤルに今すぐ電話をください。ピーピーピー」と、パソコンから警告音声が流れてきた。けたたましい警告音は、静まり返った夕方の部屋中に響き続ける。電話言われても……私どどどないしょー?!

初めて聞くパソコンの声に気が動転した。 私はパソコンに詳しい知人の顔が思い浮かんだ。彼は学生の頃から私の特徴を知る。人生のピンチの時に「たすけてー」と言えるたった一人の先輩だ。事の次第をメールしてから電話をかける。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
障害マストゴーオン!

福本千夏

脳性まひ者の福本千夏さん。 50歳にして就職して、さまざまな健常者と関わる中で、感じた溝を語ります。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hikarikkkkk ほんとただのおもしろいコラム。 ただのおもしろいコラムというのが、最高に素晴らしいことだと思うんだけど。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

moxcha 軽快な文章でかっこいいなあと思う。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite