油抜きの方法で結果が分かれる「いなりずし」

今日は、この時期の行事食の「いなりずし」をご紹介します。油抜きをしっかりすることで、煮汁の味を染み込ませ、すっきりした味に仕上げるのがコツ。ぜひお試しください!

街を歩いているとふと小さな神社を見つけることがあります。外国人観光客の方は過密な住宅街のなかに、余白のような空間があることをおもしろく感じるそうですが、これらの社の多くは商売繁盛の神様として江戸時代に広まった稲荷神社です。

2月最初の午の日である初午(今年は2月9日)は稲荷神社で五穀豊穣を祝う祭りが行われます。稲荷神社の神様の使いはご存知、狐。この日に狐の好物、油揚げを使った「いなりずし」を食べると福を招くと言われています。

お弁当にも便利ないなりずしをおいしくつくるためにはきちんと「油抜き」をすることです。


基本のいなりずし

材料

油揚げ…5枚(正方形に切られているものが使いやすい。長方形であれば半分に切る)
▼煮汁
出汁…400cc(鰹節と昆布のあわせ出汁→参照「旨味を最大限に引き出す、出汁の引き方」
醤油…大さじ3
砂糖…大さじ5

▼酢飯
米…300g(2合)
水…360cc
米酢…45cc
砂糖…大さじ2
塩…小さじ1


1.鍋に油揚げと被るくらいの水を入れ、火にかける。沸騰したら弱火に落として3分〜5分ほど茹で、水を捨てる(=油抜き)。水をかけて冷やし、両手で優しく挟んで水気を切る。

2.水気を切った油揚げを鍋に入れ、出汁、醤油、砂糖を入れて火にかける。沸いてきたら弱火に落として10分間煮て、裏返して5分煮る。アルミホイルかクッキングシートで落し蓋をすると煮汁がきれいに回る。火を止めて、冷ます。

3.酢飯をつくる。米は5%少ない水量で炊き、熱いうちに米酢、砂糖、塩を混ぜたものをふりかける。ボウルなどに移し、しゃもじでかき混ぜながら人肌くらいまで冷ます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

erieri201 今日は初午だからいなり寿司を作りました。 このレシピがマイベスト 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab 味付け済みのおいなりさんの皮もあるけど自分でつくるとまた違うおいしさがある。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite