子どもの好きなものを茶化して、自分たちがウザイ親だと自覚した瞬間

【理系クンの日々アップデート育児#29】
子どもの頃、自分が大好きだったゲームキャラをお父さんに茶化されて本気で怒った思い出があるえり子さん。気がつくと、自分も子どもたちに同じことをしてしまっていたのでした。
あの時、「絶対ああいう大人にはならないぞ!」と誓ったのに……。いつまでも子どもの頃の心を落ち続けるって、なかなか難しいことですよね。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

電子書籍も好評配信中! 育児の難問に〈理系思考〉でチャレンジする育児マンガの決定版

この連載について

初回を読む
理系クンの日々アップデート育児

高世えり子

日々残業に追われる理系夫のN島クンと、ザ・文系のマンガ家・高世えり子夫婦は結婚12年目。長女は9歳で長男が5歳。 忙しい中でもパパ業に励む夫と妻の前に、次々と難題が。どこに落とし穴があるかわからない「こどものネット問題」や、大人だけ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

spu_xt |高世えり子 @takase_eriko |理系クンの日々アップデート育児 この感覚って、仕事中に真面目な話をしてるのに、茶化してくる奴と同じ感覚だよね。 https://t.co/3QaGJE4Pj7 2ヶ月前 replyretweetfavorite

takase_eriko 腹の底からごめんねって言った出来事。。 https://t.co/s77n9BtVgm 2ヶ月前 replyretweetfavorite