高配当株】資産を取り崩す必要なし!値下がりしにくい厳選銘柄75

老後資産を築いたら、高配当株への投資も検討しよう。景気変動に強く、業績が右肩上がりの銘柄を選べば、中長期で高配当を享受でき、資産の取り崩しリスクと無縁になる。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 上場企業の2019年3月期決算は3期ぶりの減益で、期初の時点では今期の業績予想も横ばい予想となっている。だが、配当総額は過去最高を更新する見込みで、今後もその傾向が続く可能性が高い。なぜなら、安倍政権がコーポレートガバナンス(企業統治)改革を推進した結果、日本の上場企業も株主還元の強化に本腰を入れて取り組み始めたからだ。

 老後資金に高配当株を組み入れる最大のメリットは、「資産がどんどん取り崩されていく」という恐怖から解放されることにある。高配当株を保有していれば、配当を年金だけでは足りない生活費に充当でき、資産の取り崩しが最小限になる。その企業が利益を稼ぎ続けている限り、配当を受け取ることができ、安定的に高配当を見込める企業は、株価が大きく下落するリスクも相対的に低い。

 幸か不幸か、自分の寿命は分からないだけに、老後資産は「これだけあれば万全だ」というめどを付けにくい。その意味でも配当という収入源を確保しておくのは心強い。資産の一部を高配当株に投じておけば、人生100年時代が本当に到来しても、「長生きリスク」を抑えられるわけだ。

末永く着実に
高配当を期待できる銘柄に
照準を定める

 ただし、じぶん年金という目的を踏まえれば、単に高利回りであることだけに着目して高配当株を選んではいけない。業績が悪化して、先々で減配する(配当額を減らす)可能性のある銘柄を排除する必要がある。資産価値(株価)が下がりにくく、なおかつ安定的に高配当を見込める銘柄に照準を定めるのが正解だ。

 そこで、データ分析に詳しいクォンツ・リサーチの西村公佑代表取締役社長に、じぶん年金として最適な高配当株の選び方についてアドバイスしてもらった。

 「老後の高配当株投資で大事なのは、配当の安定性。業績が右肩下がりではなく、景気変動の影響を受けにくいことが大前提で、6つの条件(下図参照)を全て満たす銘柄が望ましい」


拡大する

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード