自分が発達性読み書き障害だと気づいていない人も多いのかもしれない

英語だけでなく、ひらがなやカタカナを書くときにも迷うことがある。
けれど、ナツは「これが自分の普通だし、なんとかなるでしょ!」と楽観的。
その姿を見て、千葉さんは、世の中にはこんな風に発達性読み書き障害があることに気づいていない人も多いのかもしれないと気が付きます。
2月29日発売『「うちの子は字が書けないかも」と思ったら』より特別公開!

第1話 きょうだいで発達性読み書き障害でした(後編)

検査の結果、英語だけでなくひらがなやカタカナも完璧には書けていなかったということが判明したナツ。けれど、障害のとらえ方は兄のフユとはまったく違っていて……。

cakes連載では豆情報2の「38ページ」は掲載していません。気になる方は2月29日に発売予定のこちらをご覧ください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「読み書きできるのはあたり前」ではない子どもたちの将来を考える一冊

この連載について

初回を読む
うちの子は字が書けないかも」と思ったら

千葉リョウコ /監修:宇野彰

発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)の子は、日本の小学生で40人学級に3人の確率で存在する。では、「うちの子は読み書きが苦手だ」と気づいたとき、保護者に何ができるのか。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

V5VDEzWDMizztEq #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

uchinokohajiga1 第1話 後編です! 約1ヶ月前 replyretweetfavorite