少女に取りつかれ破滅する男の心理

「モテる文体とはなにか?」を徹底的に分析する連載です。今回は谷崎潤一郎の「その気にさせられる描写力」について解説します。書評ライター・三宅香帆さんの著書『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』から特別収録。


谷崎潤一郎の気分力
なんでもない出来事も、感情移入しながら追体験できる。



日記でも、レポートでも、メールでも、身の回りで起きた出来事や状況を伝えようとするとき、たいていの人は「淡々と」してしまいがちです。

私もずっと「淡々と」が好きでしたが、『痴人の愛』を読んでから考えを改めました。

状況を伝える上で大事なのは、「なにがあったのか」よりも「どう感じているか」を伝えることなのか! と考え直すことができたのです。


これは、新しい家に引っ越してきたばかりの描写。

あの描写の鬼『陰翳礼讃』の谷崎潤一郎なんですから、どれほど巧みな風景描写をしてくれるんだろう? と期待がふくらみます。

でも、実際読んでみると、けっこう普通。
光景がありありと脳内で再現されるような迫力は、正直そんなに感じられない。

それでもしみじみと、情景への感慨が伝わってくる。なぜか。それは、光景のいちいちに「自分がどう感じているか(主観)」が含まれているからです。

ちなみに、下線部はすべて主人公が「どう感じているか」という部分。
「屋根裏から海が眺められる」「南を向いた前の空地」「電車が通る」「田圃がある」などは風景描写ですが、それに対して「日あたりのいい」「不便でもない」「花壇を造るのに都合がいい」「瑕でしたけれど」「やかましくはないく」「これなら申し分ない」「思いの外に家賃が安く」など、 主人公の引っ越しに対する「どう感じているか」が織り込まれているのです。どれもポジティブだし、明るいですよね。

だって、そうでしょう。
引っ越す以前に「ナオミ」に同棲を持ちかけて、了承を得たわけですから。
これこそ主人公が家を気に入っている最大の理由。ここでは引っ越しではなく、引っ越しに対する感情が描かれている。

うまく描写しようとがんばらなくても、「どう感じているか」の描写が入るだけで、ぐっと面白くなる。

ためしに反対バージョンとして、主人公が引っ越しに対して、否定的な印象を持ったらどうなるか、“下手”に書いてみますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

言葉の発信力をあげたい人へ。

この連載について

初回を読む
文芸オタク女子の バズる文章教室

三宅香帆

こんな書き方もありだったのか! 文芸オタク女子が暴露する、「モテる文章の秘密」がいっぱい。文章を書くという行為が、今よりもっと面白くなるはずです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません