英語が覚えられない中2の娘は、「発達性読み書き障害」だった

漫画家の千葉リョウコさんが、発達性読み書き障害のある長男・フユの読み書きのトレーニングや受験、学校での配慮について描いた『うちの子は字が書けないー発達性読み書き障害の息子がいます』。
その出版後に、「ふつうに字が書ける」と思っていた妹・ナツにも発達性読み書き障害があることが発覚しました。けれど、障害のとらえ方は兄とはまったく違っていて…!?
『うちの子は字が書けない』<ナツ編>、はじまります。

この連載は、2020年2月29日より発売予定『「うちの子は字が書けないかも」と思ったらー発達性読み書き障害の子の自立を考えるー』(宇野 彰・千葉 リョウコ(漫画)/ポプラ社)より、漫画部分のみを抜粋したものです。

前作『うちの子は字が書けないー発達性読み書き障害の息子がいます』のcakes連載はこちらからお読みいただけます。第1話「字が書けるようになりたい!」は、長男のフユくんが専門機関で判定を受けたときのお話です。

次回更新は2月17日(月)です!



「読み書きできるのはあたり前」ではない子どもたちの将来を考える一冊

この連載について

うちの子は字が書けないかも」と思ったら

千葉リョウコ /監修:宇野彰

発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)の子は、日本の小学生で40人学級に3人の確率で存在する。では、「うちの子は読み書きが苦手だ」と気づいたとき、保護者に何ができるのか。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shi_naoking55 ディスクレシアの今 よくわかんない人はコレを読んだらいい https://t.co/KpmJMdn1qa https://t.co/k7UBTooEpE 3ヶ月前 replyretweetfavorite

PlumTheGoodman 長女ちゃん強え 7ヶ月前 replyretweetfavorite

uchinokohajiga1 1540円の完全版、550円の漫画抜き出し版を購入前にちょっと試し読みしたい…という方はぜひcakesでの連載を読んでみてください。更新から7日間は無料でご覧いただけます! https://t.co/J5cv40QD5Y https://t.co/qnTAnwLqVY 7ヶ月前 replyretweetfavorite

uchinokohajiga1 『「うちの子は字が書けないかも」と思ったら』マンガ部分のcakes連載、本日よりスタートです! 千葉リョウコ @chibaryoko /監修:宇野彰 https://t.co/J5cv40QD5Y 7ヶ月前 replyretweetfavorite