中2の娘が「I am」を「イット」と読んだのには理由があった

幼少期からお手紙や絵を描くことが大好きだった長女のナツ。
頭が悪いわけではないのに、英語だけがどうしても苦手。
中学2年生の2学期、「I am」を「イット」と読んでいるのを見て、もしかしてこれは「発達性読み書き障害」の症状のひとつなのでは…?と疑問を抱いた千葉さんは、長男の通う専門機関で相談をしてみることにしました。
2月29日発売『「うちの子は字が書けないかも」と思ったら』より特別公開!

第1話 きょうだいで発達性読み書き障害でした(前編)

この連載は、2020年2月29日より発売予定『「うちの子は字が書けないかも」と思ったらー発達性読み書き障害の子の自立を考えるー』(宇野 彰・千葉 リョウコ(漫画)/ポプラ社)より、漫画部分のみを抜粋したものです。

検査の結果は……? 次回更新は2月20日(木)です。

前作『うちの子は字が書けないー発達性読み書き障害の息子がいます』のcakes連載はこちらからお読みいただけます。第1話「字が書けるようになりたい!」は、長男のフユくんが専門機関で判定を受けたときのお話です。

「読み書きできるのはあたり前」ではない子どもたちの将来を考える一冊

この連載について

初回を読む
うちの子は字が書けないかも」と思ったら

千葉リョウコ /監修:宇野彰

発達障害の一種で、読み書きの能力だけに特に困難を示す「発達性読み書き障害」(発達性ディスレクシア)の子は、日本の小学生で40人学級に3人の確率で存在する。では、「うちの子は読み書きが苦手だ」と気づいたとき、保護者に何ができるのか。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dekobokob @nagata_k1 それは、どこか専門書でも書かれていましたか? こちらをご覧ください。 https://t.co/UB0HAcxz0A 12日前 replyretweetfavorite

fum_sz 英語の読みの困難、宇野先生と杉本先生の対談であったお話!と思ったら英語だけでは… https://t.co/vCvkL3IZwI 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

usapon_is_here https://t.co/09ucah0S2P 中学の時、テストの結果をチラ見してしまったら他はかなり点がいいのに英語だけ点が悪い人がいたな。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

yosuke_hash 妹さんは英語に特異的な発達性読み書き障害。https://t.co/jCLlSES6wZ 発売までに、品川裕香『怠けてなんかない! サードシーズン 読む書く記憶するのが苦手な子どもたちが英語を学ぶとき』… https://t.co/DayrKU2peC 約2ヶ月前 replyretweetfavorite