投資家大歓迎! 三菱UFJ vs ニッセイの信託報酬“激安”競争

インデックス型投信の信託報酬は、過去10年間で半値以下になった。ここ数年の激しい引き下げ競争を演じてきた三菱UFJ国際投信と、ニッセイアセットマネジメントの2社を直撃した。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 インデックス型投信で激安競争の先陣を切った三菱UFJ国際投信の代田秀雄常務取締役はこう説明する。

 「インデックスファンドは、差別化が難しく、価格競争に勝った投信しか残らない。投信会社の収入は信託報酬だが、これは信託報酬率×残高×期間で決まる。長く保有してもらえる商品なら、信託報酬を引き下げてもペイできる。2017年に投入したeMAXIS Slimシリーズは、昨年1年間で1000億円の資産を積み上げた。仮に全て積立なら、10年後には1兆円。新しく始める方が増えれば、さらに何倍にもなる」

 今後も下げる余地はあるのか?

 「われわれは国内最大規模の投資信託のインデックス提供者。規模の世界なので、他社ができて、うちができないということはない」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード