iDeCo】口座管理手数料が掛からない、8金融機関のベスト商品

税制優遇の大きいiDeCoだからこそ、運用中のコストにもこだわりたい。
口座管理手数料が掛からない8金融機関の商品について、コストと運用効率で、買っていい投信を選んだ。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 iDeCoは複数の金融機関で加入することができず、変更にも手続きが要る。つまり、金融機関選びが重要なわけだが、見極めるポイントは二つ。コストと商品のラインアップだ。

 NISAと違いiDeCoは、加入時や運用期間中にコストが掛かる。下表を見てほしいが、国民年金基金連合会や信託銀行に支払うコストは共通。違いは金融機関に支払う口座管理手数料で、0~400円程度に設定されている。

 月額数百円の違いでも、20年、30年と運用すれば大きな差になる。仮に口座管理手数料が400円違った場合、20年では単純計算で9万6000円の差になる。特別な理由がないかぎり、無料の金融機関で口座を開設しよう。

 iDeCoは複数の投信を組み合わせられるが、低コストのインデックス型投信を軸にして、50歳以下であれば期待リターンの高い外国株式の組み入れを優先しよう。一方、50代以降は、債券やREITなど守りを固める商品も対象になる。面倒であれば、50歳以下なら株式比率の高いバランスファンド、50代以降は債券比率の高いバランスファンドを選ぶのもありだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード