つみたてNISA】全160本投資タイプ別ランキング

つみたてNISA対象の160本の投信を投資タイプで分類してランキングを作成した。
各タイプの上位の投信を中心に、購入商品を検討してみよう。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 現在、つみたてNISA対象の投資信託は160本。販売手数料がゼロ、分配頻度が毎月でないなど、長期の積立・分散投資に適していると金融庁がお墨付きをあたえた投信だ。

 信託報酬も上限があり、インデックス型投信で投資対象が国内の場合は0.5%以下、海外を含む場合は0.75%以下。アクティブ型では、国内が1%以下、海外を含む場合は1.5%以下。絞り込まれている分、初心者も商品を選びやすい。内訳はインデックス型が147本と9割超で、アクティブ型が13本だ。

 ただし、えりすぐりの投信であっても、中長期の積立投資では、少しの差で投資成績が大きく異なる。そこで全160本の投資対象別ランキングを大公開。インデックス型は信託報酬、アクティブ型は運用効率を測るシャープレシオ(3年)で評価。アクティブ型は騰落率に目がいきがちだが、取ったリスクに対して、どれだけもうけたかを重視した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード