現役世代は世界の株が中心、50代以降は債券にシフト

税優遇制度の仕組みを理解したら、次は投資信託を選ぼう。
基本は低コストのインデックス型投信で、国内外の株式に分散投資。50代以降は債券比率を上げるのがセオリーだ。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 自分で適切な商品を選べるように、各資産の特徴とポートフォリオの基本的な考え方を理解しよう。なお具体的な商品は、来週公開する記事を見てほしい。

 その前に「iDeCo」と「つみたてNISA」「NISA」の各制度で、どんな商品を扱っているのかを確認しておきたい。

 「iDeCo」は三つの中で唯一、リスク商品である投資信託と、元本確保型の定期預金や保険商品の両方を扱っている。「『iDeCo』の中だけで、投資信託と安全性資産の両方を持てるのがポイントです。100%投資するのか、50%ずつなのか、100%定期預金で持つのか。自分でイメージしやすいし、コントロールもしやすい」(山崎俊輔氏)。

 取扱商品は金融機関ごとに異なり、上限は35本になる予定だ。

 「つみたてNISA」は、低コスト、毎月分配型ではないなど金融庁が定める条件をクリアした、長期分散投資に適した投資信託のみを取り扱う(ETF〈上場投資信託〉も3本のみ取り扱い)。国内の投資信託は数千本もあるが、「つみたてNISA」で扱うのは全160本(2019年5月7日時点)とかなり絞り込まれている。一方、一般の「NISA」は、投資信託、個別株、ETF、リート(不動産投資信託)と幅広い商品を購入できる。証券会社によっては、海外の個別株や海外ETFも購入可能だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード