iDeCo」と「NISA」で老後資金を効率的に作る

資産形成は、早くスタートを切れば、毎月の積立が少額であっても、大きな資産を築きやすい。税優遇のある三つの制度の特徴を理解して、着実に資産を築いていこう。

※ 『週刊ダイヤモンド』2019年6月29日号より転載(肩書・数値などは掲載当時)

 節税メリットのある制度のうち、ほとんどの人が利用可能なのが「iDeCo」や「つみたてNISA」、一般の「NISA」。三つの制度の違いなどを詳しく見ていこう。

 まず、「iDeCo」は老後資金形成のための制度であり、二つの「NISA」は少額で投資する人のための支援制度である。老後資金作りが目的だからこそ、「iDeCo」は60歳まで資金を引き出せない。デメリットにも思えるが、解約の誘惑にさらされずに資産形成ができるのはメリットだ。一方、「つみたてNISA」と「NISA」には資金の引き出し制限がないので、老後資金はもちろん、それ以外のライフイベントの資金準備にも柔軟に利用できる。

 年間の掛け金・投資額と運用期間は各制度で異なり、「つみたてNISA」は年40万円×20年、「NISA」は年120万円×5年だ。現状では「つみたてNISA」が2037年まで、「NISA」は23年までの予定だが、変更はあるにせよ「NISA」制度自体は延長されるという見方が強い。

 「iDeCo」の場合は、前回説明した通り、属性で拠出額が変わる。特に会社員は、企業の年金制度の違いで年27万6000円、24万円、14万4000円の3種類に分かれる。最長40年間にわたり利用可能だ。

 誤解しがちなポイントだが、どの制度も拠出額・投資枠の上限まで使う必要はない。積立投資では無理のない範囲で長く続けることが優先だ。とはいえ、確定給付年金のある会社員や公務員の「iDeCo」の拠出額は、最大で月額1万2000円。少し節約すれば十分に拠出できる金額だろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2019年6/29号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2019-06-24

この連載について

初回を読む
投信&株で作る「じぶん年金」

週刊ダイヤモンド

公的年金や退職金だけに老後の生活は頼れない。ゆとりのある老後を目指すなら、税の優遇制度を積極的に活用して早めに「じぶん年金」作りに着手しよう。資産運用は、少額でも早くから始めた方がお得。まとまった資金があれば、高配当株やJリート、米国...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード