生理が終わったら、女を卒業?

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。今回のテーマは「生理」です。女性が避けて通れない更年期についてひととおり勉強した森さんは、男女ともにうまく生理と付き合っていくにはどうしたらいいかを考えていきます。

男性には永遠にわからないであろう、女性の生理。ぶっちゃけ、女性にだって生理は謎だし、人生の半分は生理に振り回されている。私はアラフィフなので、いわゆる更年期が身近になる年頃だ。周囲の同世代からも身体の変化が現れたという声が聞こえてくるし、私自身にもその兆しはある。

更年期にも諸説あって、「初潮から30年後になるらしい」だの「妊娠経験がない人は更年期が早くくる」だの「セックス経験が少ないと更年期が重い」だの、信憑性に乏しい噂もある。都市伝説なのか何なのか、失礼なものも少なくない。女性なら避けては通れない道なので、私もひととおり勉強したのだが、女性の数だけ更年期の数がある、というのが私の結論だ。

生理がないと女じゃないってこと?

男性の中には未だに「生理がなくなったら女じゃなくなる」と思っている人がいる。昔からなぜか「生理がなくなる=卒業」みたいなイメージがあって、私には不思議でならない。ついこの間、私は旦那さんから「まだ生理あるんだよね。よかったね」みたいなことを言われた。これって裏を返せば「生理がなくなることはよくない」という意味? と訝ったけれど、突っ込みを入れなかった。

旦那さんに他意はなかっただろうし、単純に私の体調を心配しただけかもしれない。でも正直に言えば、ちょっとだけ悲しかった。やはり生理がないと女じゃないってことかな、と思ってしまったからだ。

ちなみに旦那さんは、更年期になるといきなり生理がなくなる、と信じていたらしい。私が「周期が乱れたりして、じょじょになくなっていくんだよ。夜中に生理の神様が夢枕に立って『来月で生理は終わります』って告げてくれるわけじゃないよ」とおしえてあげた。生理の神様がいたらラクですよね、女性の皆さん。

ここからさらに突っ込んだ生理事情になりますが、男性の皆さんにもぜひ読んでいただきたい。先日、某出版社の編集長(男性)と話していた時、私が「“女を卒業”って言葉をよく聞きますけど、卒業があれば入学もあるはずですよね。女にとっての入学とか卒業って、何なのでしょう」と問うと、「男の場合は精通があった年が入学ってニュアンスだけど、女性の場合は生まれた時から女性ですよね」と編集長がこたえた。

次いで「今時、生理がなくなって女を卒業っていうのはおかしい。女性は生まれた時から死ぬまで、一貫して女ですよ」と言った。これには私も大いに賛同した。

女自らが女を降りてどうするよ?

肝心の私の生理だが、公の場で告白するのも恥ずかしいのだけど、少しだけバランスが崩れている状態だ。周期は安定しているけれど、事前に少量不正出血がある。私は昔から生理痛も軽いほうだったし、周期の乱れもほとんどなかった。PMS(月経前症候群=生理前に精神的に不安定になったり、身体に支障をきたすこと。女性によって症例は異なる)に苦しんだ時期もあったけれど、ピルを服用してやりすごした。生理については、おおむね平均的な流れだと思う。

不正出血はごく少量だし、下着を汚すことはほぼなかったけれど、いかんせん鬱陶しい。病気も心配だったので産婦人科医の診察を受けたが、異常はないし女性ホルモンの数値も十分足りている。これといった解決策もないのが悩ましいものの、女性ホルモンがまだあって、みなぎっているという事実にうれしくなった。体調不良もないので、今のところ治療は必要ない。独自に購入したサプリメントは飲んでいるが、それ以外はピラティスやヨガで身体を動かしたり、ストレスをためないようにしているくらいだ。

更年期の最中や更年期以降は、女性器が乾くとか愛液の分泌量が減少してセックスに支障をきたすとか、女性ならではの身体の変化がささやかれている。書籍で読んだ事例によると、女性器の乾燥を相談しに産婦人科医を訪ねた50歳~60歳の女性が、「もうその年齢なんだから、女を卒業したら?」と諭されたそうだ。しかも女医さんに、である。前述した、女の卒業問題勃発だ。ていうか、女医さんがそんなこと言うんだ、と私はいささかショックをうけたというか、あきれた。

女自らが女を降りてどうするよ? これも書籍からの抜粋だが、「更年期以降は女ではなく女神になる」みたいに書かれていた。女神か。ゴージャスな響きではあるが、私は別に女神になりたいわけじゃない。普通の女でいいのだ。だから男性にも普通の女として扱ってほしいな、と切望する。

私が心の奥底で恐れていること
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Lave_chamo これ言ったら歳とって立たなくなった男性は〝男を卒業〟なのかね? 約2ヶ月前 replyretweetfavorite